純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・銀座・カフェ・ド・ランブル

珈琲だけの店、と看板にも大きく書いてあるその喫茶店は、
私の中で、長い間、憧れの喫茶店で、すぐに行ける立地にあるにも
関わらず、ある程度、時期が来なければ行けないような気がしていた。

喫茶店巡りを始めて、まだ10年も経っていない。

しかし、ようやく、ここへ行ってもいいかもしれない、という
他人からすれば大げさなほどの決心が、突然湧き起こった。

歩いていくならば、新橋駅からのほうが若干近いが、住所が
銀座、となっているので、何となく有楽町方面から、少しずつ歩いていく。

普段、もともと目当ての喫茶店を探す、というよりは、
ふらふらと散歩の途中、目についたところに、飛び込みで
入っていく、というほうが多いものだから、目的地がはっきり
しているということに、とても緊張した。

そして、ついに、橙色に灯る看板を見つけた。

入口は、こじんまりとしていて、すぐに座席ではなく、
ちょっとした細い通路になっているのが、とても良いと思った。

何度も写真で見た、粋なバーのようなカウンターの赤い椅子が
目にまぶしい。テーブル席は、とても小さく、2人掛けが5.6つ並んでいた。

灰皿は、テーブルに直接埋め込まれているのが面白い。

メニューを見る前から注文しようと決めていた
「琥珀の女王」とブレンドをお願いする。

寡黙ながら、とても感じの良い店員さんたちが、
とても静かに珈琲を淹れているのを見ていた。

しばらくして運ばれてきた「琥珀の女王」は、本当に美しかった。

飲むのがもったいないほどだったが、店の人曰く
「冷たいうちに、かき混ぜずにお飲みください」とのこと。

ミルクが、本当にちょうどいい甘さで、その下にひろがる
苦い珈琲とのバランスが、とても良かった。ブレンドも然り。

珈琲だけ、だが、メニューの数は、とても多い。
これをいつの日か全部飲んでみたい、と思った。

恐れ多いほどの憧れの喫茶店は、店を出た後も憧れのままだった。

★住所:東京都中央区銀座8-10-15
★TEL:03-3571-1551

カフェドランブル1

カフェドランブル2

カフェドランブル3

カフェドランブル4

カフェドランブル5

カフェドランブル6

カフェドランブル7

カフェドランブル8

カフェドランブル9

カフェドランブル10

カフェドランブル11

カフェドランブル12

スポンサーサイト

PageTop

東京・高円寺・珈琲 琥珀

駅から行くと、商店街のおしまいのほうにあるのに、
覗くと、いつも混み合っているので、久しぶりに訪れたのは
数年ぶりとなってしまった。

店内は、その頃からまったく変わっていないような喫茶色。

よく見渡してみると、洋服をかけるハンガーが象だったり、
かるがものモチーフがあったり、花瓶がらくだだったり、と面白い。

マダムは、忙しそうに、あちらこちらに注文を取りに行ったり、運んだり。

一階を見下ろせる窓際のいくつかの特等席は、常連らしい
男性たちが、新聞を読んだり、うとうととしたりしていた。

紅茶を頼んだら、綺麗なバラ柄のカップ。
珈琲の専門店だが、紅茶も華やかな匂いがして美味しかった。

次訪れるのは、また数年後か。
そのときも、今回と変わらず、時間の流れを感じさせないで
ここにあってくれると良い。

★住所:東京都杉並区高円寺北2-38-16-201
★TEL:03-3337-7727

琥珀1

琥珀2

琥珀3

琥珀4

琥珀5

琥珀6

琥珀7

琥珀8

琥珀9

琥珀10

琥珀11

琥珀12

琥珀13

琥珀14

琥珀15

琥珀16

琥珀17

琥珀18

PageTop

東京・中野・珈琲 パルム

以前、営業時間外に通りかかったときは、シャッターが
閉まっていて、そこに描かれた三つ葉のイラストが印象に残っていた。

今回は、灯りの点いている時間帯に訪れることが出来た。

夕方の遅い頃だったからか、店内には、誰もいず、テレビを見るマダムのみ。
しかし、静かに扉を開けると、にっこりと迎え入れてくれた。

壁にかけられたいくつものメニューの字体が、とても良い。

ミートソースも気になったが、今回は飲み物だけを注文した。
熱くて、濃厚なココアは、お砂糖が入っていなく、自分で調整出来る。

入口付近のレースのカーテンや、柱のタイルの模様に
見惚れていたら、マダムに話しかけられた。

とても素敵な喫茶店ですね、ということを告げる。
その昔、ここの看板少女だったであろうマダムの笑顔は、
健在で、とても綺麗だったので辺りがパアッと華やかになった気がした。

場所柄か、ここには若者もたくさん訪れるらしく、そのことを話す
マダムは、少し不思議そうで、たくさん嬉しそうだった。

「またいらしてね」と何度も言ってくれたありがたい言葉に
見送られて、この夜も幸せな喫茶時間を過ごして、一日を終える。

★住所:東京都中野区新井1-22-4
★TEL:03-3388-9391

パルム1

パルム2

パルム3

パルム4

パルム5

パルム6

パルム7

パルム8

パルム9

パルム10

パルム11

PageTop

東京・鶯谷・Coffee Shop 赤坂

以前、通りがかったときは、すでに営業時間が終わっていたようで、
中の様子も伺えなかったが、今回は早めの時間の訪問だったため、
遠くから灯りを確認することが出来て、勝手にほっとした。

さっそく、中へ入ると、決して広い店内ではないのに、
ちょうど良いバランスで、3組の先客が、それぞれの時間を過ごしていた。

私は、入口に、桃色の公衆電話を見つけて、ちょっと嬉しくなり、
その近くの席に腰を下ろす。

メニューを見て、アイスカフェオレと、タマゴサンドを注文する。
タマゴサンドにからしが入っているかを尋ねると、注文があれば
抜くことも出来る、と言ってくれたので、そうしてもらった。

辛いものは好きなのだが、どうしてもからしの鼻に抜ける感じが
今になっても苦手だ。年をとれば克服出来るものか、と思っていたのだが。

丁寧に作られたタマゴサンドは、バターがよく効いていて、
少し味が濃い目だったが、疲れていたこの日にはちょうどよかった。

珈琲の氷をカラカラとかき混ぜながら、考え事をしたり、
思いついたことをノートにまとめたりした。
そうするのに、とても居心地の良い喫茶店だった。

帰り際には、マッチ箱を一つ。モノクロのシンプルなデザインに、
「赤坂」の文字。ここは鶯谷。赤坂、とはマスターのお名前だろうか。

今までは、一年に数回しか訪れることのなかった鶯谷だが、
それぞれ良いところのある喫茶店のおかげで、これからは頻繁に
途中下車することになりそうだ。

★住所:東京都台東区根岸1-1-26-103
★TEL:03-3845-0838

赤坂1

赤坂2

赤坂3

赤坂4

赤坂5

赤坂6

赤坂7

赤坂8

赤坂9

赤坂10

赤坂11

赤坂12

赤坂13

PageTop

お知らせ

いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。

毎日のようにいただける拍手コメントも大変嬉しいです。
そして、いまだに、お礼コメントの返し方がよく分からないので、
こちらにて、失礼致します。

**********************************

*代々木・TOM*へコメントくださった方へ。

以前、その喫茶店でアルバイトをしていた方からのお便り、
とても嬉しいです。TOMは、とても長い間、あの場所にあるなあ
と思っていましたが、実に20年以上も、なのですね。

内装など、以前と変わらないままなのでしょうか?
今度お立ち寄りの際には、思い出とともに、その記憶など
まだお知らせいただけたら幸いです。

*十条・梅の木*へコメントくださった方へ。

ご近所に、ゆるりと出来る喫茶店があるのは心強いですね。
梅の木、はところどころ昔のままで、新しい箇所もあるように
見受けられたのですが、何度か改装されたのでしょうか?

入口付近のランプや、柱代わりの仕切り、など素敵でした。
笑顔の穏やかなマスターも。
今度は、ぜひ夏祭りの様子を眺めに行けたら、と思います。

**********************************

他、メッセージにて、オススメ喫茶店などをお知らせくださる皆さま、
いつもありがとうございます。今のところ、なかなか足を運べていませんが、
いずれ教えていただいたところの喫茶店にて、珈琲をすすりながら、
のんびりしてこようと思っています。

これからも、ふらりとご覧いただけたら幸いです。

d026.jpg

PageTop

東京・鶯谷・純洋食 ビクトリヤ

純喫茶が、「酒類を置かない喫茶店」のことであるなら、
純洋食、とは、いったいどんな洋食屋のことを指すのだろう。

店名にひかれて、すぐに鶯谷を訪れてみた。

住宅地の少し奥まったところにあるこの店は、灯りが
ついていなければ、一見普通の民家のようでもあり、
しかし、入口の扉近くに、大きく「純洋食」と看板があった。

窓から様子を覗くと、店員の女性と目があったので、中へ入る。

特に変わったところもない、こじんまりとした店内で、
メニューを見ると、名物であるメンチカツは、テレビで放送された
こともあるようだった。

早速それを注文する。熱々で、美味しい。
別に注文したハンバーグのデミグラスソースの味も良かった。

ところで、お店を出てからも、「純洋食」の謎は解けなかった。
次回、訪れたときには、店主に尋ねてみようと思う。

★住所:東京都台東区根岸3-12-18
★TEL:03-3873-4841

ビクトリヤ1

ビクトリヤ2

ビクトリヤ3

ビクトリヤ4

ビクトリヤ5

ビクトリヤ6

ビクトリヤ7

ビクトリヤ8

ビクトリヤ9

PageTop

東京・北千住・シビア

ここは、三角形の喫茶店である。

何がか、というと、コーヒーカップの形でもなく、店名でもなく、
店の敷地が、である。横から見ると、不思議なところはないのに、
入口の正面から見ると、後方に広がっているのが分かる。

扉を開けると、小さなかわいらしい犬が、嬉しそうに出迎えてくれた。

灯りは、ほどよく抑えられた喫茶色で、レース越しの窓からは、
夕暮れ前の空がよく見える。向こう側には、すぐ道路、というのもいい。

アイスカフェオレを注文すると、カウンターの向こう側のマスターが
大きな氷を砕き始める音が聞こえた。ロックアイスの透明色は、嬉しい。

運ばれてきたカフェオレを飲んでいると、「どうぞ」とお煎餅をもらった。

それを食べながらぼんやりしていると、あっという間に日が暮れて、
ここは、夕方からはスナック営業になるらしく、ちょうど17時頃、
それを待つ常連さんがやってきた。

そろそろ、と腰を上げると、マスターが「ゆっくりしていってください」と
にっこり笑った。お礼を言い、店を出て、振り返ると、先ほどまでの
喫茶色は、跡形もなく、照明の落とされた店内は、夜の顔だった。

★住所:東京都足立区千住1-1-6
★TEL:03-3870-5633

シビア1

シビア2

シビア3

シビア4

シビア5

シビア6

シビア7

シビア8

シビア9

シビア10

シビア11

シビア12

PageTop

東京・十条・自家焙煎珈琲 梅の木

十条の長い商店街を散策していて、ちょうど喉が渇いた頃に
珈琲豆の絵がかわいらしい看板が目に入った。

迷わずに階段を上がる。

閉店1時間前くらいだったためか、店内はひっそりとしていて、
それでも、マスターはにっこりと笑顔で、迎え入れてくれた。

カウンターを中央に、2つの空間に分かれていて、私は右側へ進む。

入口付近に置かれたランプの傘がかわいらしい。
ほのかに灯る光。

ケーキセットは、600円くらいで、丁寧に淹れられた珈琲は
飲みやすくて、美味しかった。

商店街を見下ろせる喫茶店、というのはとてもいい。

今度は、一番賑やかな時間帯にやってきて、別の景色を見よう。

★住所:東京都北区上十条2-24-10 トイショップヘイワ2F
★TEL:03-3906-5103

梅の木1

梅の木2

梅の木3

梅の木4

梅の木5

梅の木6

梅の木7

梅の木8

梅の木9

梅の木10

梅の木11

梅の木12

梅の木13

PageTop

宮城・仙台・coffee snack BENNY(ベニー)

外観も内装も、とても好きな喫茶店だった。

駅からふらりと、気の向くままに歩いている時に、ここを見つけた。

まず、入口の縦縞のひさしが可愛らしい。
外から覗いたときは、中の様子があまり見えなかったのだが、
入ってみると、想像以上に広く、モダンな空間が広がっていた。

まず、目をひかれたのが、壁のデザイン。
ちょうどよく琥珀色になった壁に、丸と線の模様がとても美しい。

レジの近くに、色褪せた地球儀が置いてあるのも良かった。
注文したアイスコーヒーの入れられてきたガラスも面白い形をしていた。

しばらくの間、誰もいない店内で、静寂を味わっていたが、
やがて、地元の常連客らしき人たちがやってきて、あっという間に
空気が、日常のものに変わっていくその流れもとても良かった。

★住所:宮城県仙台市青葉区五橋2-7-15
★TEL:022-266-0394

ベニー1

ベニー2

ベニー3

ベニー4

ベニー5

ベニー6

ベニー7

ベニー8

ベニー9

ベニー10

ベニー11

ベニー12

PageTop

東京・五反田・LIPTON(リプトン)

ほんのりとした明るさの喫茶店は、妙に落ち着く。

五反田のTOCビル、地下飲食街にある喫茶LIPTONもそうだった。

入口は小さいが、店内は、思ったよりも広い。
少しの段差によって区切られたいくつかの席は、椅子の種類が違う。

数多くあるメニューの中から、ミートソーススパゲティとアイスコーヒーを。
喫茶店で食べるスパゲティは、特別な感じがして好きだ。

ひっきりなしに訪れる人たちの、煙草の匂いが少し落ち着かなくて、
そうそうに店を後にしてしまったが、今度は、ゆっくりと、
店の自慢のソフトクリームでも食べながら、本でも読もう。

★住所:東京都品川区西五反田7-22-17 B1F-49
★TEL:03-3494-2239

LIPTON1.jpg

LIPTON3.jpg

LIPTON4.jpg

LIPTON5.jpg

LIPTON6.jpg

LIPTON7.jpg

LIPTON8.jpg

LIPTON9.jpg

LIPTON10.jpg

LIPTON11.jpg

LIPTON12.jpg

LIPTON13.jpg

LIPTON14.jpg

LIPTON15.jpg

LIPTON16.jpg

PageTop

東京・浅草・珈琲 サニー

可愛らしい鳥のイラストが、シャッターに大きく描かれている
この喫茶店は、花やしきの近くにあって、いつも気になっていた。

しかし、老舗の人気喫茶店らしく、ガラス窓から中を覗くと、
いつもたくさんの人で賑わっていて、なかなか入ることが出来なかった。

ある平日の夕方。
ふらりと訪れると、タイミング良く誰もいなかったので、扉を開ける。

カウンター席が数席、テーブル席もいくつか、そして、畳のベンチ席。
この日は、テレビに一番近い、畳の席に腰をおろした。

300円と、とても安い珈琲を注文し、店内を観察する。
昔ながらのものと、新しいものがバランス良く混ざり合った、
マスターに愛されている空間だと思った。

カウンターの向かいの壁には、年代ものの柱時計が、
ずらりと並んでいる。とても興味深くて、じっくりと眺めていたら、
マスターがそれにまつわる話を、いろいろと聞かせてくれた。

いつの間にか、そこから派生して、いくつかの話をした。

ふと目についた本棚に並ぶ漫画が、ゴルゴ13だったので、
それを好きなことを伝えると、マスターは「気が合うねぇ」とにっこり笑った。

初めて訪れたのに、帰る頃にはすっかり名残惜しいほど、
居心地の良い時間を提供してもらってしまった。

また来ます、その言葉を忘れられないうちに、また訪れよう。

★住所:東京都台東区浅草2-7-13
★TEL:03-3847-0417

サニー1

サニー2

サニー3

サニー4

サニー5

サニー6

サニー7

サニー8

サニー9

サニー10

サニー11

PageTop

東京・自由が丘・珈琲家族 自由が丘店【閉店】

何とも居心地の良い喫茶店だった。

ある日、ふと、そういえば、気になっていたのに入っていなかった
喫茶店があった、と思い出して、行き先を変えて電車に乗った。

階段を上がる前に、「サイフォンで丁寧に淹れております」という
貼り紙が目に入る。頭上には、シャンデリア。琥珀色が綺麗。
種類ごとに分けて、透明ケースに入れられた珈琲豆が壁に飾られている。

店内の中央には、今はもう使われていないであろう、電話ボックスが、
当時のまま、置かれていて、公衆電話の代わりには、花が置いてあった。

そのボックスを見ながら、アイスコーヒーとホットケーキを注文した。

窓はとても大きく、外の賑やかなネオンが目にチカチカとまぶしいのに、
ここだけはとても静かで、まるで旅先の途中の一休みみたいだと思った。

マスターは、静かにカウンターの中で、ずっと作業をしているようだった。

珈琲をすっかり飲み終わってしまってからも、
何となく席を立つ気になれなくて、そのままぼんやりしていた。

好きな喫茶店、というのは、こんな感じで、知らない間に
たくさんの時間をさりげなく盗んでいくところなのかもしれない。

*追記*2009/7/26に前を通りがかったところ、焼肉店に変わってしまっていた。
(閉店時期 未確認)

★住所:東京都目黒区自由が丘1-12-14
★TEL:03-3724-8356

珈琲家族1

珈琲家族2

珈琲家族3

珈琲家族4

珈琲家族5

珈琲家族6

珈琲家族7

珈琲家族8

珈琲家族9

珈琲家族10

珈琲家族11

珈琲家族12

珈琲家族13

珈琲家族14

珈琲家族15

珈琲家族16

珈琲家族17

珈琲家族18

珈琲家族19

珈琲家族20

PageTop

東京・自由が丘・C.C.MAX

ずっと気になっていた、パイ専門店は、とても上品な喫茶室だった。

黒い螺旋階段を、ぐるりと上がると、その入口はある。

入ってすぐのガラスケースには、蝋で出来たパイのサンプルたち。
どれもこれも美味しそうで、どれを食べようかと迷いながら席につく。

ちょうど人のいない時間帯だったようで、その静寂を壊したくなくて、
なるべく音を立てないように、ひっそりと、そこで過ごした。

名物らしい「ハテナパイ」とイチゴパイで迷ったが、結局はイチゴパイを。

席のすぐ横には、厨房があって、その中は、真っ白で、
綺麗に整理整頓されていて、とてもいい匂いがした。

ゆっくりと時間をかけて運ばれてきたパイは、見た目もとても美しい。
サクサクと音を立てて、アイスカフェラテとともに、すぐに無くなった。

★住所:東京都目黒区自由が丘2-9-3 志村ビル2F
★TEL:03-3723-0181

MAX1.jpg

MAX2.jpg

MAX3.jpg

MAX4.jpg

MAX5.jpg

MAX6.jpg

MAX7.jpg

MAX8.jpg

MAX9.jpg

MAX10.jpg

MAX11.jpg

MAX12.jpg

MAX13.jpg

PageTop

東京・阿佐ヶ谷・gion(ギオン)

阿佐ヶ谷にも、たくさんの喫茶店があるが、
一番印象の強かったのは、この喫茶店だ。

店名は、「gion(ギオン」。
祇園・擬音・ぎおん・ギオン・gion。気になる響きだ。

そして、さらに驚くべきことに、この喫茶店には、ブランコがある。

オブジェとして置いてあるのではなく、れっきとした一つの席で、
そこでは、揺られながら珈琲を飲むことが出来る。

以前、一度だけ、その席に座った。普段は、なかなかの
人気席で、それまでは空いている場面に出くわしたことがなかった。

店内は、その光景を除けば、まるで誰かの部屋に招かれたようで、
席ごとには、色とりどりのステンドグラスが置かれ、居心地が良い。

ここでは、「ホットコーヒー」を注文すると、
生クリームかミルクを選ぶことが出来て、好みにより、
ミルク珈琲かウインナー珈琲にすることが出来る。

クリームの甘さと珈琲の苦さがほどよく混じり、
私は、いつもここへ行くと、こればかり注文してしまう。

ブランコに揺られながら飲む珈琲は、ちょっと周囲の目が
気になって、恥ずかしいような、くすぐったいような味がした。

★住所:東京都杉並区阿佐谷北1-3-3
★TEL:03-3338-4381

ギオン1

ギオン2

ギオン3

ギオン4

ギオン5

ギオン6

ギオン7

ギオン8

ギオン9

ギオン10

ギオン11

ギオン12

PageTop

あけましておめでとうございます

こちらのブログをご覧頂いている皆さまへ。

昨年は、たくさんの方にご訪問頂き、誠にありがとうございました。

喫茶店をお好きな方が、こんなにもいらっしゃる、と思うと、
それだけで楽しい気持ちになれました。

今年も、ふらりと入った喫茶店で、一杯の珈琲を。
特別ではないけれど、とっておきの瞬間を綴っていきたいです。

喫茶店に関しての質問など、何かございましたら、
画面左下にございますメールフォームを、ご利用ください。
分かる範囲、出来る範囲、でお返事させて頂いております。

2009年は、昨年よりもずっとマイペースな更新になってしまうとは
思いますが、またふらりと遊びに来ていただけると嬉しいです。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。


** 2009年1月 純喫茶コレクション **

80a7_20090105150118.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。