純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

三重・四日市・スワサロン

昨年、名古屋へ旅行した際、伊勢神宮まで足を伸ばした。

その際に三重県には足を踏み入れた訳だが、目的地以外を見る時間は無く、
純喫茶を巡ることもなかった。それ以来、気になっていたのでこの度出掛けてきた。

目指したのは四日市駅。名古屋駅から約30分。好きな音楽を聞きながら揺られる。
窓の外に流れる景色はどうしてこんなにも愛しいのだろう。

到着した四日市駅は、思ったよりずっと賑わっていて少し驚いてしまった。
前情報としてはシャッターが閉じた店の並ぶ商店街があるイメージだったのだ。

しかし、駅の周囲をぐるりと散策し、反対側へ出ると好みの風景が視界に入る。

行きたかった純喫茶「さいとう」はあいにく営業しておらず、そのままあてもなく歩く。
一軒カフェかと見間違えた洒落た店は楽器屋で、その店内にはこけしが見えた。

販売しているものだろうか、と思わず扉を開ける。気の良さそうな店主に声を掛け、
こけしを拝見させて頂く。そこには見慣れた津軽系の阿保工人のこけしがいてほっとする。

幾つか購入するため、じっと眺める。店内ではバンバンバザールの「こんな気持ち」が
流れていて思わず嬉しくなる。一時期本当に良く聞いていた好きな歌だ。

前置きが長くなってしまったが、そちらの楽器屋の名前は「CAROL」といって、
その店主に尋ねて教えて頂いたのがこの日訪れた「スワサロン」という喫茶店だった。

スワサロンは、何しろシュークリームが人気だという。皮からはみ出るほどのクリームが
美味しい、と店主は笑う。御礼を言い、すぐにそちらを目指した。

看板のレトロな字体にときめくスワサロンはそこから徒歩1分もせずに辿り着いた。

一階は洋菓子店と喫茶室、二階は喫茶室になっている。

ガラスのケースに並ぶケーキ達を横目で眺めながらも二階へ上がる。
一組の女性客が楽しそうに午後の時間を楽しんでいる隣に腰を下ろす。

シュークリームを注文しようと決めていたが、「一枚一枚焼いています」という
言葉に惹かれてホットケーキも頼んでしまった。それに冷たいカフェオレを。

しばらくして運ばれてきたシュークリームにまずは驚く。店主の言葉通り、
クリームがはみ出るほど詰められている。少し固くて卵の味がする懐かしい味だ。

ホットケーキの焼き色も美しく、しばし見惚れてからバターを溶かした。
どちらも美味しい。珈琲にはあらかじめ甘いシロップが入れられていた。

店内はシンプルであったが、何だかとても居心地が良く、1時間以上滞在した。

お土産には一階でクッキーの詰め合わせを。そして、店名とひまわりの絵が描かれた
オリジナルの紙ナプキンとマッチ箱を頂いて帰る。自分への土産はいつもこんな感じで。

★住所:三重県四日市市諏訪栄町15-6
★TEL:059-352-3441

三重・四日市・スワサロン1

三重・四日市・スワサロン2

三重・四日市・スワサロン3

三重・四日市・スワサロン4

三重・四日市・スワサロン5

三重・四日市・スワサロン6

三重・四日市・スワサロン7

三重・四日市・スワサロン8

三重・四日市・スワサロン9

三重・四日市・スワサロン10

三重・四日市・スワサロン11

三重・四日市・スワサロン12
三重・四日市・スワサロン13

三重・四日市・スワサロン135


三重・四日市・スワサロン14

三重・四日市・スワサロン15

三重・四日市・スワサロン16

三重・四日市・スワサロン17

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。