純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新潟・東大通・喫茶店 セロ

旅先で訪れた喫茶店のことを思い出していたら、またどこかへ行きたくなった。

新潟へ行ったのは昨年の6月で、気がついたらもうすぐ1年が経とうとしている。

日々、これだけの数の喫茶店に行っていると、記憶が混ざってしまったり、
ぼんやりとしてしまうこともあるが、遠くで珈琲を飲んだ記憶というものは
特に鮮やかであるから、不思議だと思う。

確か、あまり天気の良くない平日の午後にここの前を通りかかり、
混雑している店内を見て、少し迷ったが、結局は扉を開けた。

昼休み後の一服をするサラリーマンたちの白い煙がもくもくとしていて、
そこで、漫画を読みながらアイスティを飲んだ。

うっかり長居をしてしまいそうになったが、レインボータワーに
行く途中だったことを思い出して、そそくさと店を出た。

こうして思い出していると、今年も春と電車と遠くの珈琲の匂いに
誘われているような気がしてそわそわとしている。

★住所:新潟県新潟市中央区東大通2-8-4
★TEL:025-243-4564

セロ1

セロ2

セロ3

セロ4

セロ5

セロ6

セロ7

スポンサーサイト

PageTop

新潟・古町通・蒼紫(パルム)

店名の、「蒼」と「紫」は、店主であるマダムが好きな色であるようだ。

古町通の商店街にあるMAKIという喫茶店で一休みしている時に
窓の向こう側を眺めると、ここの店内が少しだけ見えた。

行ってみると、入り口はとても細い路地の奥にあって、階段を上がったところにあった。

中を覗くと、カウンターに先客が一人、落ち着けそうな空間だったので入ってみる。
ここもジャズストリートのイベントの際には、会場になるようだ。

珈琲のブレンドは、蒼ブレンドと紫ブレンド、という名前が付けられている。
どちらを飲んだか忘れてしまったが、丁寧に淹れられた珈琲は苦く、美味しかった。

少しの間、流れる音楽を聴きながらここで過ごした。
そうしているうちに、どんどんと常連客らしき人達が入ってきて、席は埋まっていった。

気持ちの良い一休みをしたので、私も店を後にする。

ほんの一ヶ月と少し前のことなのに、今日は新潟のことを淋しい気持ちで思い出している。

★住所:新潟県新潟市中央区古町通6-987 ミサワビル2F
★TEL:025-228-2050

パルム 新潟1

パルム 新潟2

パルム 新潟3

パルム 新潟4

パルム 新潟5

パルム 新潟6

パルム 新潟7

パルム 新潟8

パルム 新潟9

パルム 新潟10

パルム 新潟11

パルム 新潟12


国内格安航空券サイトe航空券.com


国内格安航空券

旅ポケドットコム


激安航空券サイト旅ポケ.com

ブログ



PageTop

新潟・古町通・喫茶 香里鐘(カリヨン)

古町通商店街には、想像よりもたくさんの喫茶店があったので、
ただその周辺を歩き回っているだけで楽しくなってしまった。

その日何度目かの一休みをしようと、外観がとても立派なカリヨンの階段を上がる。

しかし、少し雰囲気が変えられてしまった後のようで、
思ったよりも物が多く置かれた店内は、僅かに雑多な雰囲気を感じてしまった。

商店街に面する窓のある空間のテーブルの上には、水槽が置いてあり、
中には、涼しそうなクラゲたちが泳いでいた。

マスターの趣味なのか、メニューにもそのクラゲたちの写真は登場する。

飲み物のメニューの他に、たくさんの食事メニューが目に入った。
店内には、ひっきりなしに美味しそうな匂いが漂っている。

食事の後だったため、この日はバナナジュースを注文した。
少し明るすぎる照明に、そわそわとしてしまい、あまり長居をせずに店を出てしまった。

店内入り口では、パンや菓子類なども販売していた。
また機会があれば、今度はここで昼食をとりたい、と思った。

★住所:新潟県新潟市中央区古町通6-978
★TEL:025-224-6581

珈琲 カリヨン1

珈琲 カリヨン2

珈琲 カリヨン3

珈琲 カリヨン4

珈琲 カリヨン5

珈琲 カリヨン6

珈琲 カリヨン7

珈琲 カリヨン8

珈琲 カリヨン9

珈琲 カリヨン10

珈琲 カリヨン11

珈琲 カリヨン12


国内格安航空券サイトe航空券.com


往復航空券+宿泊件がついたお得なパッケージプラン

旅ポケドットコム


国内格安航空券サイト旅ポケ.com

FC2プロフ



PageTop

新潟・西堀通・喫茶 スワン

ある喫茶店に置いてあったタウン誌を見ていたら、新潟市内のジャズ喫茶の
特集が組まれていた。いくつかの喫茶店では、生演奏も行われるらしく、
喫茶 スワンも、店内にピアノのある風景が載せられていた。

気になったので、向かってみる。

ジャズは、全く詳しくないが、流れているのを聴くのはとても好きだ。
店によっては、敷居の高いところもあるので、何となく構えてしまうことが多いが。

店の前に辿り着き、レンガで出来た壁に光る、銀色の「SWAN」という文字を
少し遠くから眺めていた。すると、急に扉が開いた。

出てきたのは、店の婦人だった。入り口の扉は、くもりガラスで、中の様子が
全く見えなかったので、このことで安心して一休みすることにした。

ちょうど良い時間帯だったのか、中には誰もいなくて、優しそうなマスターだけがいた。

ピアノとドラムセットが見渡せる席に腰を下ろし、区切られた小さな部屋の棚に
びっしりと並べられた大量のレコードを眺める。きっと長い間、ここで
何度も何度も音を鳴らしてきたのだろう。レコードのジャケットのセピア色が綺麗。

アイスオーレを飲みながら、しばらくの間、聴こえてくる素敵な音に耳を澄ませた。

慌しかった心が、ゆっくりと落ち着いていくような、そんな時間だった。

一通り、この店の空気を堪能してから、マスターにお礼を言って外へ出た。

当たり前だが、扉の外側では、もうジャズは流れていなくて、それでも
頭の中では、さっき聴いた力強い歌声が、鮮やかに繰り返していた。

★住所:新潟県新潟市西堀通り4-819
★TEL:025-223-4349

SWAN1.jpg

SWAN2.jpg

SWAN3.jpg

SWAN4.jpg

SWAN5.jpg

SWAN6.jpg

SWAN7.jpg

SWAN8.jpg

SWAN9.jpg

SWAN10.jpg

SWAN11.jpg

SWAN12.jpg

SWAN13.jpg

SWAN14.jpg

PageTop

新潟・東掘前通・Cafe de 陶【閉店】

いつも、好んで入るような古くて少し薄暗い喫茶店とはまた違った、
大きな窓から夕方の光がたくさん差し込む眩しい素敵な店だった。

階段を上がっている途中から、バターのような甘い良い匂いがした。

中を覗くと、カウンターの向こう側から、にこやかなマダムが会釈をして迎えてくれた。

カウンターが数席、テーブル席が3つ。席の間は、広く、贅沢な空間。

棚には、自家製のジャムやクッキー、テーブルにはスコーンが並ぶ。
メニューを見る前に、食べたいものがたくさんで困ってしまった。

生クリームとイチゴジャムの添えられたスコーンと、モカロールケーキ、
あたたかいスパイシーミルクティーをお願いする。

棚の上には、何冊かの本が置いてあり、どれも興味のある本だったので
読み耽っているうちに、良い匂いが店内に広がり、スコーンが運ばれてきた。

以前は、あまりスコーンが得意ではなかった。しかし、最近では大好きになった。
ここの店のものも、一口食べて、「美味しい」とつい声に出してしまうほど好みだった。

何時間でも過ごしたくなるような、心地の良い空間。お菓子。お茶。

お土産に買ったバナナジャムは、家に帰ってから少しずつ大切に食べた。

(閉店時期 未確認)

★住所:新潟県新潟市東掘前通6-1055 更科ビル2F
★TEL:025-228-4730

cafe de 陶1

cafe de 陶2

cafe de 陶3

cafe de 陶4

cafe de 陶5

cafe de 陶6

cafe de 陶7

cafe de 陶8

cafe de 陶9

cafe de 陶10

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。