純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

千葉・行徳・珈琲館 マイセン

喫茶店で迎える夕暮れ時がとても好きだ。

行徳駅で下車したのは初めてのことだった。
いつもの如くきちんとした理由や目的はなく、知らない街の散策がしたくなったのだ。

駅を出て純喫茶のありそうな方向へ歩く。
初めて見る景色はいつも胸が高まる。何でもない路地裏やそこで出会う猫たちにも。

ぐるりと一周して、目ぼしい喫茶店には出会えなかったのだが、
灯台もと暗し、改札を出たすぐ隣の建物に良さそうな喫茶店を見つけた。

店の名前は「マイセン」。素敵なコーヒーカップで珈琲が提供されるのだろうか。
見上げた看板は二階にあって、窓の向こうは程好い琥珀色に染まっている。

階段の下には大きく「水出し珈琲」いう文字が掲げられている。
階段と沿うように、船の絵が描かれた陶器が幾つも飾られている。

扉を開けると、想像より沢山の先客がそれぞれ寛いでいて、満席に近い感じだった。

先程下から見上げた窓の近くの席が空いていたので、そちらに腰を下ろす。

珈琲だけのつもりだったが、メニューを眺めていたら厚切りトーストも気になったので、
追加でお願いした。珈琲が運ばれてくるまでの間、店内の装飾品を眺める。

濃い色をした美味しそうな珈琲が湯気を立てて運ばれてきた。
トーストにはたっぷりバターが塗られていて、苺のジャムが添えられている。

そういえば、数年前に閉店してしまった押上の純喫茶「モカ」にて、
こちらと同じジャムを乗せるガラスの皿を頂いたことをふと思い出した。

あの純喫茶もスカイツリーのすぐ近くの二階にあって、窓からの眺めが好きだった。

気が付くと長居してしまい、閉店の時間が近いことを知る。
会計の為に出口へ向かうと、カウンターのこちら側に大きくて立派な水出し器が三台あった。

思わずマスターに色々と尋ねてしまう。マスターは穏やかな笑顔で、水出し器について
細かく教えて下さった。大震災で一台破損してしまったこと、今では修理をしてくれるところも
少なく大切に使用していること、ガラス部分はとても高価だということ・・・。

ちなみに店名の「マイセン」は前営業者より引き継いだものであるらしい。

看板と同じ字体で店名が描かれた(あいにくコーヒーカップの絵柄は無い)貴重なマッチ箱も
土産に頂いた。「またいらっしゃい」というマスターのあたたかな言葉と共に。

階段を下りるとすっかり夕暮れは終わり、夜が我が物顔でそこに存在していた。

★住所:千葉県市川市行徳駅前2-4−13
★TEL:047-357-4039

千葉・行徳・マイセン1

千葉・行徳・マイセン2

千葉・行徳・マイセン3

千葉・行徳・マイセン4

千葉・行徳・マイセン5

千葉・行徳・マイセン6

千葉・行徳・マイセン7

千葉・行徳・マイセン8

千葉・行徳・マイセン9

千葉・行徳・マイセン10

千葉・行徳・マイセン11

千葉・行徳・マイセン12

千葉・行徳・マイセン13

千葉・行徳・マイセン14

千葉・行徳・マイセン15

千葉・行徳・マイセン16

千葉・行徳・マイセン17

千葉・行徳・マイセン18

千葉・行徳・マイセン19

千葉・行徳・マイセン20

千葉・行徳・マイセン21

千葉・行徳・マイセン22

スポンサーサイト

PageTop

千葉・浦安・カフェ・ド・モン

夏の暑さも過ぎてしまえば、何だか名残惜しいもので、
涼しくなってきた今になって、訪れた喫茶店の写真を眺めては
その記憶を思い返して懐かしんでいる。

浦安駅には、恐らく初めて下車した。

何となく思い付いた駅へ向かい、その周辺を散策し、意図せず
素敵な純喫茶に出会えた瞬間は、喫茶店が好きな人には至福の時間だろう。

慎重に周囲を見渡しながら、駅の周りを2度ぐるりとした。

あまり目ぼしい喫茶店も見つからず、次の駅を目指そうか、などと思いながら
信号待ちをしていたら視界に飛び込んできたのが「カフェ・ド・モン」だった。

昔から、入り口が緑に覆われている喫茶店に弱い。
それは、いわゆる「純喫茶」ではないが、その昔自由が丘に存在した
夢のように美味しいカレーとチャイを出す「MURA」という店の影響かもしれない。

モン、は近付いてみるとますます胸の高まる外観をしており、覗いた店内には
幸い先客はなかった。静かに扉を開け、カウンターにいたマスターに挨拶をする。

笑顔で迎えて下さったマスターは、時間が染み込んだ店内にあまりにも馴染んでいた。

少し曇った大きな窓のある入り口付近の席に腰を下ろし、琥珀色の装飾品を眺める。

冷たいアイスカフェオレの氷は小さく砕かれていて、とても嬉しくなる。
大きな氷のままよりも飲み物を美味しくする一手間だ、と勝手に思っているからだ。

日常でも旅先でも、良い喫茶店の条件として「どこにいるか分からなくなる事」という
曖昧な基準が自分の中にあって、それはこの店でも十分に感じたことだった。

あいにくマッチ箱はもうない、とのことだったが、こちらにはまたお邪魔したいと思う。
出来れば次回は、また同じ席でちらつく雪を眺めながら熱い珈琲を飲めたら良い。

★住所:千葉県浦安市当代島1-1-1
★TEL:047-352-4922

千葉・浦安・カフェドモン1

千葉・浦安・カフェドモン2

千葉・浦安・カフェドモン3

千葉・浦安・カフェドモン4

千葉・浦安・カフェドモン5

千葉・浦安・カフェドモン6

千葉・浦安・カフェドモン7

千葉・浦安・カフェドモン8

千葉・浦安・カフェドモン9

千葉・浦安・カフェドモン10

千葉・浦安・カフェドモン11

千葉・浦安・カフェドモン12

千葉・浦安・カフェドモン13

千葉・浦安・カフェドモン14

千葉・浦安・カフェドモン15

千葉・浦安・カフェドモン16

千葉・浦安・カフェドモン17

千葉・浦安・カフェドモン18

千葉・浦安・カフェドモン19

PageTop

千葉・船橋・珈琲 モナリザ

扉を開けた瞬間に珈琲の香りが漂ってくる瞬間も幸せだが、
炒め物の美味しそうな匂いが広がる瞬間も食欲をそそるので良い。

外の看板にて、大きくナポリタンをお薦めするこちらの喫茶店は
近くに住む人たちの憩いの場であり、食堂なのだろうと思う。

店内はとても広く、壁のあちこちに店名通りモナリザの絵が飾られている。

こぢんまりとしていて、身を小さくそこで佇むような喫茶店も良いが、
こちらのように席間が広く、のんびり出来る空間は食事に向いているのだろう。

きっと昔からある喫茶店なのだろうが、椅子やテーブルはとても綺麗に磨かれていて、
古さというものを全く感じさせなかった。その中でも昭和の良いデザインを感じる。

珍しく珈琲ではなく、カフェオレをお願いし、そのミルクのあたたかさにほっとする。
カウンターでは、マスターが良い音をさせてナポリタンを作り始めていた。

運ばれてきたナポリタンは、味付けも麺の固さもちょうど良く、美味しかった。
やはり店ごとに個性が出るので何度食べても面白い。

一息つき、周りの風景をぼんやり眺めていると、一人で本を読む人、
誰かと待ち合わせをする人、昼食をとる人、ぼんやりとしている人…様々である。

その中に一瞬だけ混ざり、また皆自分の場所へ帰っていく。
そんな当たり前のことをやはり面白いと実感して、純喫茶を更に好きになるのだ。

★住所:千葉県船橋市本町2-11-32
★TEL:047-434-7551

千葉・船橋・モナリザ1

千葉・船橋・モナリザ2

千葉・船橋・モナリザ3

千葉・船橋・モナリザ4

千葉・船橋・モナリザ5

千葉・船橋・モナリザ6

千葉・船橋・モナリザ7

千葉・船橋・モナリザ8

千葉・船橋・モナリザ9

千葉・船橋・モナリザ10

千葉・船橋・モナリザ11

千葉・船橋・モナリザ12

千葉・船橋・モナリザ13

千葉・船橋・モナリザ14

千葉・船橋・モナリザ15

PageTop

千葉・船橋・You Coffee

「こんな純喫茶が近所にあったなら、どれだけ素晴らしいことだろう」

今までに何度も何度も思ってきたことをまた実感する純喫茶に出会った。

随分前に、シャッターの閉まっているこの店の前を通ったが、外観から見る限りでは
だいぶ歴史を感じる雰囲気を漂わせていたので、もしかしたらもう閉店してしまって
いるのかもしれない、と勝手ながら思っていた。

それから数年後、営業している姿を確認し、ここの扉を開けた瞬間のことを
思い出すと、感動のあまり胸が苦しくなる程だ。

入り口からは想像していなかった広さ、扉に掛けられたレースのカーテンが
光に反射する様子、壁に飾られた大きな珈琲地図、積み上げられた沢山の漫画、
手書きの味のあるメニュー表、手洗いの戸の上部にある色褪せた造花、
石油ストーブの匂いさえも、どこをとっても素晴らしく、好みの空間であった。

ここへ来る直前に昼食を済ませてしまったことを悔やみながらメニューを眺め、
ホットケーキと珈琲のセットをお願いした。本当はナポリタンも食べてみたかったが。

慣れた手つきで珈琲を用意するママに撮影の許可を頂き、隅々まで見渡す。
私にはぐっとくる箇所を、ママは「古いところは撮らなくていいわよ」と笑う。

カウンターの中にある棚は、その昔常連のコーヒーカップを入れておくためのもの
だったという。ぽってりとした椅子に座って、毎日ここで過ごせる人を羨ましく思う。

運ばれてきたホットケーキにはたっぷり過ぎる程のバター。これはとても嬉しい。
珈琲と交互に口に運びながら、この空間からずっと目が離せないでいた。

少し遠くの街で珈琲を飲む時間は何よりも至福だ、と改めて思う。
その反面「わざわざ電車に乗らずとも毎日寄れる喫茶店が近くにあったなら」とも思う。

しかし、見慣れていないからこそ新鮮に思えることも多々あるのだから、
どちらが良いとは一概には言えないのだろう。

日常と少し非日常の時間を行ったり来たり。
それも純喫茶巡りの魅力の一つなのかもしれない。

★住所:千葉県船橋市本町2-26-26
★TEL:047-433-2407

千葉・船橋・ユー珈琲店1

千葉・船橋・ユー珈琲店2

千葉・船橋・ユー珈琲店3

千葉・船橋・ユー珈琲店4

千葉・船橋・ユー珈琲店5

千葉・船橋・ユー珈琲店6

千葉・船橋・ユー珈琲店7

千葉・船橋・ユー珈琲店8

千葉・船橋・ユー珈琲店9

千葉・船橋・ユー珈琲店10

千葉・船橋・ユー珈琲店11

千葉・船橋・ユー珈琲店12

千葉・船橋・ユー珈琲店13

千葉・船橋・ユー珈琲店14

千葉・船橋・ユー珈琲店15

千葉・船橋・ユー珈琲店16

千葉・船橋・ユー珈琲店17

千葉・船橋・ユー珈琲店18

千葉・船橋・ユー珈琲店19

千葉・船橋・ユー珈琲店20

千葉・船橋・ユー珈琲店21

千葉・船橋・ユー珈琲店22

千葉・船橋・ユー珈琲店23

千葉・船橋・ユー珈琲店24

PageTop

千葉・常盤平・コーヒー専門店 珈琲園

店名の字体とテーブルのデザインがとても印象深い喫茶店の話を。

数年前に友人より教えてもらっていたのに、そちらへ行くことが出来たのは
ほんの最近のことで、自宅から決して近くはないこの喫茶店を今も度々思い出す。

少し前に綴った「フルーツパーラー ポポ」の並びにあるこちらはコーヒー専門店で、
入り口周辺に珈琲にまつわる色々なものが置かれていた。
扉を開けようとしながらも、それらを眺めているだけでなかなかの時間が過ぎてしまう。

訪れた時間帯がちょうど良かったのか先客は無く、好きな席に座ることが出来た。
カウンター席で珈琲を淹れるマスターの手元を眺めることにも憧れるが、
初めての店ではそれも気恥ずかしく、いつも無意識に端の席を好んで座ってしまう。

腰を下ろすより先に視界に入ったテーブルの上に描かれたコーヒーカップの可愛らしい
絵に釘付けになる。円く切り取られたカップの中には珈琲豆が詰められている。

ブレンドコーヒーが運ばれてくるまでの間、ただひたすらにテーブルと店内の様子を
交互に見渡した。全体的に茶色で統一された空間は光もやわらかく、居心地が良い。

穏やかそうで渋いマスターが淹れてくれた珈琲はとても美味しい。
追加で注文したパウンドケーキも。

壁に貼られていた「いつでもモーニングサービス」という言葉が気に掛かる。
きっちりと美味しい珈琲を出す専門店でありながらその懐の深さに感動する。
近くに住む人たちの中には毎朝ここで過ごす人もいるのだろう。

友人もそんな日々を過ごしていたのかもしれない。
そのことをとても羨ましく思いながらマスターに御礼を言い、店を後にした。

★住所:千葉県松戸市常盤平3-29-1
★TEL:047-386-7281

千葉・常盤平・珈琲園1

千葉・常盤平・珈琲園2

千葉・常盤平・珈琲園3

千葉・常盤平・珈琲園4

千葉・常盤平・珈琲園5

千葉・常盤平・珈琲園6

千葉・常盤平・珈琲園7

千葉・常盤平・珈琲園8

千葉・常盤平・珈琲園9

千葉・常盤平・珈琲園10

千葉・常盤平・珈琲園11

千葉・常盤平・珈琲園12

千葉・常盤平・珈琲園13

千葉・常盤平・珈琲園14

千葉・常盤平・珈琲園15

千葉・常盤平・珈琲園16

千葉・常盤平・珈琲園17

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。