純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・東十条・喫茶 みかさ

当たり前のことかもしれないが、いつもそこにあって、いつまでもあると
思ってしまう純喫茶にも時間は流れている。

自分の中では、時の境目を「昭和」と「平成」の区切りで考えてしまいがちだが、
勿論そんなことはなく、昨日と今日、今日と明日では同じではない。

急にそんなことを思ったのは、こちらの純喫茶に行った時のことを
ふと思い出したからだった。

写真のデータによると、訪れたのは今年の5月下旬。
そんなに前ではない気がしていたが、既に2か月以上も経ってしまっていた。

ツイッターの方では記したのだが、先日東十条駅から少し歩いたところにある
鉱物カフェ「cafeSAYA」へ出掛けてきた。美しい色のソーダ水と様々な石が目的だった。

予約制であったためか他に先客はなく、閉店の時間まで思う存分店内を眺めたり、
万華鏡を自作したりした。美しい色の石を幾つも散りばめたそれをとても気に入っている。

さて、話が反れたがそちらへ行く前に立ち寄ったのが、喫茶 みかさだった。

ある程度目星を付けていたので、迷うことなく到着することが出来た。
橙色のひさしの色褪せた感じが愛おしい。思いのほか、と言っては失礼になるが、
賑わっていて、扉の向こう側はほぼ満席の状態であった。

幸いにも空席だった窓際の席に腰を下ろすも、店内は紫煙が漂っている。

カウンターの中で忙しそうに、飲み物や食事をどんどんと完成させていくママの
タイミングを見計らって注文をお願いした。

「スパゲティ」とだけ書かれたメニュー。ママに尋ねると「ナポリタンのようなもの」
が提供されるという。もう一つのスパゲティの横には「イタリアン」と書かれていた。

運ばれてくるまでの間、ビロードの青いソファに深く腰を下ろして窓の外を眺めていた。
あまり降りたことのない駅だが、人通りは多く、活気のある街だと思った。

純喫茶で注文したものを待っている間、ただぼんやりとしているのが好きだ。
読書をしたり、誰かに手紙を書いたり、真剣に何かを考えていることもたまにはあるが、
私はいつも「ただぼんやり」してしまう。

昨年の鎌倉ブックカーニバルで、憧れの沼田元氣さんにそのことを伝えたら
「それは高等遊民である。」と言われたことを思い出す。

生活に余裕があるわけではないが、生産的な活動をしていない、という意味と、
現代の慌ただしい暮らしの中で「ただぼんやりする」ということは贅沢なのだろう。

そうしている間にスパゲティと珈琲が運ばれてきた。
なるほど「ナポリタンのような」味がする。何かが違うのだが、私には好みの味だった。

完食した後、まだしばらく寛いでいると、少し忙しさの落ち着いたママの後ろに
古い秤を見つけたので写真を撮らせて頂きながら、常連客の男性と談笑をした。

良い感じの布で出来た携帯ケースを見せて下さったので「素敵だ」と感想を告げると
その方は「じゃあ、あなたにあげよう」と仰った。遠慮し断るも、せっかくの縁だから、と
手に握らせてくれた。有り難く頂戴し、今でも大切にして、たまに眺めている。

純喫茶の良いところは、一人で居たければ放っておいてくれるし、自分が何かに
アンテナを示せば、このようにたちまち会話が出来るところだと思う。

ちょっとした自分の立ち振る舞い方でその日の出来事が変わることもある。

あの日も良い純喫茶に出会い、素敵な時間を過ごした、
いつの日か、そう思いながらドアノブのライオンを思い出すのだろう。

★住所:東京都北区東十条2-15-9
★TEL:非公開

東京都・東十条・みかさ1

埼玉・東十条・みかさ2

埼玉・東十条・みかさ3

埼玉・東十条・みかさ4

埼玉・東十条・みかさ5

埼玉・東十条・みかさ6

埼玉・東十条・みかさ7

埼玉・東十条・みかさ8

埼玉・東十条・みかさ9

埼玉・東十条・みかさ10

埼玉・東十条・みかさ11

埼玉・東十条・みかさ12

埼玉・東十条・みかさ13

埼玉・東十条・みかさ14

埼玉・東十条・みかさ15

埼玉・東十条・みかさ16

埼玉・東十条・みかさ17

埼玉・東十条・みかさ18

埼玉・東十条・みかさ19

埼玉・東十条・みかさ20

埼玉・東十条・みかさ21

埼玉・東十条・みかさ22

スポンサーサイト

PageTop

東京・十条・珈琲 仔馬

明けましておめでとうございます。

昨年も、純喫茶コレクションをご覧下さいましてありがとうございました。
ブログの更新から離れてしまいそうなときも、見て下さる方達のおかげで
続けていくことが出来ました。感謝しております。

自分の喫茶記録として始めたブログですが、ここを通じて色々な方と喫茶店の
話が出来たり、実際にお会いして珈琲を飲んだり、すっかり大切な場所になりました。

2010年もマイペースではありますが、続けていきたいと思いますので、
お暇な時にふらりと遊びにいらして下さると光栄です。どうぞよろしくお願い致します。

************************************************************************

さて。年末に訪れた喫茶店の話でも。

十条駅には幾つかの方向に伸びる商店街が存在していて、その中には喫茶店もある。
以前は、「梅の木」という喫茶店で一休みしたが、今回は違う店を目指した。

最初は通り過ぎてしまったほど、商店街に溶け込んでいる喫茶店だった。
しかし、改めて店の外観を眺めると、店名の字体も控えめな珈琲豆販売口の窓も、
入り口に吊るされたクリスマス用の飾りも、素敵な味を醸し出していた。

店内は、カウンター席が数席、二人掛けのテーブル席が一つ、とこじんまりしていた。
幸いにも誰もいなかったので、テーブル席に座らせてもらう。
初めて入る喫茶店でカウンター席に座るのは、少し緊張してしまうのだ。

品の良い艶々としたマダムは、最初寡黙だったが、こちらがいくらか話しかけると
花のような笑顔で、とても良い話をいくつもしてくれた。

店内の照明器具が、昔西ドイツから取り寄せられたものであること、掃除中に間違えて
一つ割ってしまったこと、使わなくなったコーヒーミルのカサを代用してみたら
とても具合が良かったこと、若い時代に色々な素敵なものを見たり味わったりしておくと、
後の生活がぐんと実りあるものになること・・・。

私には珍しく、本当にたくさんの話をした。ここでは、言葉が自然にすらすらと
出てきてしまって、話し終わった後に爽快な気持ちになるような、そんな雰囲気があった。

それは、長年ここで育まれた空気とマダムの人柄と珈琲の良い匂いによるものかもしれない。

何だかとても幸せな気持ちになって、最後の一口を飲み干した。また近々訪れたい。
戴いたマッチ箱には、コーヒーカップと同じ仔馬の絵柄。ちらりと見るとつい口元が綻ぶ。

★住所:東京都北区上十条2-23-10
★TEL:03-3908-2911

十条・仔馬1

十条・仔馬2

十条・仔馬3

十条・仔馬4

十条・仔馬5

十条・仔馬6

十条・仔馬7

十条・仔馬8

十条・仔馬9

十条・仔馬10

十条・仔馬11

十条・仔馬12

十条・仔馬13

十条・仔馬14

PageTop

東京・赤羽・純喫茶 デア

夕方や夜に訪れるしっとりとした雰囲気の喫茶店も良いが、平日の
午後の、穏やかでゆったりとした空気の喫茶店も、とても良いものだ。

赤羽駅は周辺に飲み屋が多く、昼からその誘惑に負けてしまいそうになるが、
どうにかすり抜け(昭和の面影を残した横丁を、カメラに収めながら)、商店街へ向かう。

純喫茶と書かれた看板にいつものように胸が高まり、期待をして階段を上がる。

そういえば随分前にここへ来たことがある、と確信したのは店内に飾られた
白い糸のようなもので出来た不思議な感じのする作品を見た時だった。

いつだか思い出せないほど昔の記憶は、珈琲と煙草の匂いが交じり合ったこの空間に
よってきちんと私の頭の中に残っていた。そんなことが何となく嬉しい。

この日は窓際の席には座らなかったが、ここも商店街の人の流れを見渡せる絶好の場所だ。

また赤提灯の誘惑に引っ張られつつ、ここを目指してのんびりしに来よう。

★住所:東京都北区赤羽2-1-18 マリア堂2F
★TEL:03-3902-7748

赤羽・デア1

赤羽・デア2

赤羽・デア3

赤羽・デア4

赤羽・デア5

赤羽・デア6

赤羽・デア7

赤羽・デア8

赤羽・デア9

赤羽・デア10

赤羽・デア11

赤羽・デア12

赤羽・デア13

赤羽・デア14

赤羽・デア15

PageTop

東京・赤羽・COFFEE&PIZZA 樹林

古い喫茶店が好きな理由はいくつかあるのだが、その中の一つに、
昔からそこで暮らすマスターに当時の様子を聞くことが出来る、というものがある。

赤羽は、何度か訪れたことのある街だが、想像していたよりもずっと、
喫茶店の数が少ないように思えた。楽しそうな大衆酒場が並ぶ街だから、
きっと喫茶店も入りきれないほどあるに違いない、と勝手に思い込んでいたのだった。

しかし、この日見つけられたのは、商店街の中にある有名な「デア」(こちらは再訪)と
駅から少し歩いたところにある珈琲とピザの店、樹林だった。

初め、灯りが点いていないので不安になったが、扉を開けると、粋な感じの
マスターが笑顔で「いらっしゃい」と言ったので、安心して腰を下ろす。

中はちょうど良い広さで、古いながらも大切にされているのだろう、清潔感がある。

珈琲を飲むつもりでいたが、メニューを見ていたらピザも食べたくなり、
ピザを頼むならビールにしよう、と珍しい注文をする。
珈琲とビールの値段が、ほとんど変わらなかったのもそうした理由の一つだ。

ピザは、生地から手作りされているらしく、運ばれてくるまでに少し時間がかかった。
しかし、その間に「これでも食べてて」とやはりお手製のチーズケーキをサービスしてくれた。
こちらも歴史のあるレシピらしく、どっしりとシナモンが効いていて美味しい。(写真撮り忘れ)

気付くと、マスターもカウンターの中でビールを飲み始めていて、
ピザが焼きあがるまでの間、食べている間、食べ終わった後も、ご機嫌なマスターの、
赤羽に関する話で持ちきりだった。美味しい鰻の店や、再開発の話などを聞く。

ピザもビールも美味しかった。またすぐにでも訪れたいところだが、今の立地での
営業は、もうすぐ終わってしまう。マスターの話によると「ここは、駅から遠いから
駅前の二階でイタリアンの店をやる計画」らしい。

飴色の素敵な空間と、おしゃべりなマスターとの時間を楽しみたい方はお早めに。

★住所:東京都北区赤羽1-36-4
★TEL:03-3903-4014

樹林1

樹林2

樹林3

樹林4

樹林5

樹林6

樹林7

樹林8

樹林9

樹林10

樹林11

樹林12

樹林13

PageTop

東京・十条・COFFEE SHOP CHAIN Swing

ある日、少しの時間をつぶしたくて、ここへ入った。

扉を開ける前に、どんな様子だろうか、とガラス越しに
中を覗いたら、すぐ近くに座っていた店の女性と目が合ってしまったので
何となく慌てて、その場を離れた。ぐるりと一周散策して、戻ってきた。

入り口は、小さかったので、店内もそんなに広くないだろう、と勝手に
予想してしまったのだが、奥行きが驚くほど広くて、しかも素敵だった。

まるで、中世の城の応接間(という表現が合っているか分からないが)
のようで、飴色の家具とえんじ色のビロード、琥珀色の灯りが綺麗だった。

幸いなことに、先客は誰もいなくて、貸切の状態で珈琲を待った。
少し遅い昼食に、タマゴサンドも一緒に。

運ばれてくるまでの間、周りを見渡して、気になる置物の近くまで行ってみる。
船があったり、馬がいたり、絵が飾られていたり、とどこも興味をひく。

壁にかけられた木製のメニューを見て、「ジョッキーコーヒー」というものを
注文したのだが、本当にジョッキグラスに入れられて出てきたことも面白い。

時間つぶし、という目的で入ってしまったのが勿体無いほど、好みの喫茶店だった。

食べ物のメニューも気になるものがたくさんあったので、今度はここを目指して来よう。

程好い時間になって、レジに向かったとき、扉を照らす夕暮れの光が美しかった。

★住所:東京都北区上十条2-28-6
★TEL:03-3906-5627

Swing1

Swing2

Swing3

Swing4

Swing5

Swing6

Swing7

Swing8

Swing9

Swing10

Swing11

Swing12

Swing13

Swing14

Swing15

Swing16

Swing17

Swing18

Swing19

Swing20

Swing21

Swing22

Swing23

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。