純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・両国・純喫茶 ヒロ

以前に記したかもしれないが、このブログに登場する純喫茶は、
訪問順にはなっていない。

日々、沢山の純喫茶を訪れ、写真の許可を頂けたところは
有難く撮影させて頂き、パソコンにフォルダ分けをして、
こちらで綴る日まで眠らせているのだが、ここのところどうも更新するペースが
遅いため、段々と積り100軒程順番を待っている状態になっている。

少しずつでも書かねば、とは思うものの「東京喫茶店研究所二代目所長」と
しての活動時間帯は、平日夕方18時以降、または休日、となっているので、
なかなか思うようにいかない。

言い訳になってしまうのだが、現在は春に出版する書籍のことや、
純喫茶にまつわる取材や撮影のお誘いを幾つか頂いていたので余計に。

書籍に関してはこれからが本番、といったところだが、他の作業は
一段落したので、なるべく時間を作ってこちらでも記録していきたい。


さて、前置きが長くなってしまったが、ナポリタンが絶品だった純喫茶のことを。

少し前に、純喫茶をきっかけとした相撲に関係している方とご縁が出来た。

たまたま居合わせた隣の席だった、ということなので当たり前ではあるが、
その方が何をしているか、何歳なのか、どこに住んでいるか等
存じ上げなかったのだが、数十分話していくうちに「相撲が大変好きだ」
ということは良く分かった。

そこである日ふと思い立ち、以前から噂を聞いていた両国の純喫茶へ出掛けた。

両国へは、業務の関係で年に一度必ず訪れているが、
それ以外の日にはなかなか訪問出来ていない場所でもあった。

目指す純喫茶は、ヒロ。看板には「純喫茶」の文字が健在らしい。

途中、江戸東京博物館にも寄り道をしてしまったが、駅から歩くこと数分。

「純喫茶」の文字が光るのを見つけた。

時間帯のためか、店内には誰もいなく、扉を開けるとママと目が合った。

赤くて艶々としたケチャップ色の椅子に腰を下ろし、メニューを眺める。
迷ってしまったタマゴトーストは次回にして、やはりナポリタンを頂く。
一緒にクリームソーダも。

壁に飾られているのは、東郷青児さんの絵。これを見るとほっとする。

間もなく運ばれてきたナポリタンは銀の皿の上。盛り付けも美しい。
熱いうちにと頂く。味付けも聞いていた通り絶妙だった。

日中は、近隣のサラリーマンや力士たちで混み合うのだろうか。
大きな体の力士が、こちらの赤い椅子に小さく腰掛けている様子を
想像したら何だか微笑ましかった。ナポリタンは力士盛りがあるのだろうか。

会計をする際にそんなことを聞いてみたかったが、淡々としたママに
美味しかったことを伝えるだけになってしまった。

すっと微笑んだママの顔を思い出す度に、またナポリタンが食べたくなる。

★住所:東京都墨田区石原1-25-3
★TEL:03-3625-8830

東京・両国・純喫茶 ヒロ1

東京・両国・純喫茶 ヒロ2

東京・両国・純喫茶 ヒロ3

東京・両国・純喫茶 ヒロ4

東京・両国・純喫茶 ヒロ5

東京・両国・純喫茶 ヒロ6

東京・両国・純喫茶 ヒロ7

東京・両国・純喫茶 ヒロ8

東京・両国・純喫茶 ヒロ9

東京・両国・純喫茶 ヒロ10

東京・両国・純喫茶 ヒロ11

東京・両国・純喫茶 ヒロ12

東京・両国・純喫茶 ヒロ13

スポンサーサイト

PageTop

東京・亀戸・COFFEE ピーコック

ここを訪れたのは、もう数年前のことになる。

なかなか綴る機会がないまま過ぎてしまったが、写真を見ていたら
この当時、「喫茶店のカレーライス」に夢中だったことを思い出した。

食べ物に限らずそうなのだが、一度好きになるとしばらくの間そればかりになり、
続き過ぎると忘れて、また後に夢中になったりする。

最近もまた「喫茶店のカレーライス」を食べたい傾向がある。

さて。亀戸のピーコック。訪れたのは一度だけだが、この地域に行く度眺めている。
その佇まいが何だか好きなのだ。青いひさしも控えめな入り口も。

喫茶店には珍しく、キッチンに面していないカウンター席があったのを覚えている。
テーブルは現役のゲーム台で、食事のメニューが豊富で、椅子は座り心地が良かった。

カレーライスは安心する味で、とてもボリュームがあった。

余談だが、カレーライスも珈琲、どちらも好きなのにも関わらず、体調にもよるのだが
その二つを一緒に摂取すると具合が悪くなってしまうのはどうにも悲しいことだ。

写真を見ていたらまたカレーライスを食べたくなってきた。
喫茶店のカレーライスはそれぞれに個性があって、それもまた楽しみにしている。

★住所:東京都江東区亀戸2-38-12
★TEL:03-3637-4820

亀戸・ピーコック1

亀戸・ピーコック2

亀戸・ピーコック3

亀戸・ピーコック4

亀戸・ピーコック5

亀戸・ピーコック6

亀戸・ピーコック7

亀戸・ピーコック8

亀戸・ピーコック9

PageTop

東京・森下・喫茶 つかはら

森下周辺を散策したのは、この時が初めてのことだった。

戦前の漫画としてとても有名な「のらくろ」が至るところに溢れている商店街が
あるのもこの辺りだ。多くの商店の軒先には、のらくろグッズが置かれている。

その通りにあるのが、喫茶 つかはらで、入り口に貼られたシールが懐かしい。
内装は純喫茶らしいものだが、メニューは食堂を飛び越えてちょっとした飲み屋のもので、
次々にやって来る近所の人たちの夕飯の場となっているようだった。

メロンソーダを注文して、漫画をめくりながら周囲の会話をBGMにして過ごす。
あいにく本棚に「のらくろ」の漫画は置かれていなかったようだが。

休日だったこともあるのか、まだ日が差す時間帯から楽しそうにビールを片手に
笑う人たち。テーブルに置かれた、尾を押すと爪楊枝を運んできてくれる小鳥を
微笑ましく思いながら、私もいつかは近所にこのような喫茶店を見つけたいと思う。

店を出て、またふらふらと散策をしていたら目に留まったのは、あるナポリのピザ屋。
そういえば、随分前に知人から美味しいピザを食べられる店があると聞いていた。

今度は、商店街散策の後、珈琲を飲み、そこで楽しい夜を過ごすのも良いだろう。

★住所:東京都江東区高橋13−14
★TEL:03-3635-6599

森下・つかはら1

森下・つかはら2

森下・つかはら3

森下・つかはら4

森下・つかはら5

森下・つかはら6

森下・つかはら7

森下・つかはら8

森下・つかはら9

PageTop

東京・菊川・coffee チロル

先日綴った住吉の喫茶店 ルノワールを出た後、再び新大橋通りを
森下方面に向かって歩いた。以前、タクシーから眺めた光景がどこであったか
既に良く分からなくなっていたが、嬉しいことにまた新しい喫茶店を見つけた。

赤いひさしが可愛らしく、看板の文字も洒落ている。配色も素敵だ。

期待して扉を開けると、想像に反して店内はすっきりとしていたが、
光の差し込む窓の向こう側には緑色が美しく、とても良い喫茶店だと思った。

そういえば、以前はそのような美しい席に座ることが好きだったが、
最近ではその席を眺められる席に座ることが好きになったと気がつく。

これも長い間純喫茶を好きでいた中での好みの変化なのだろうか。

上品なママがメニューと水を持ってきて下さり、それを眺めながら何にしようかと迷う。

注文したミルクセーキには、小さなコーヒーゼリーが添えられていたので嬉しくなる。
グラスは可愛らしい水玉の模様、甘いシロップのかかったゼリーは夏の味がした。

流れる音楽はポールモーリアの「恋はみずいろ」他、喫茶店らしい選曲で心地良い。
一見普通ではあるが、とても穏やかな時間の流れる空間で爽やかなひとときを過ごした。

外へ出るとまだ空は明るく、とても好きな夏の夕暮れ時で、幸せな気持ちで散策を続けた。

★住所:東京都墨田区菊川2-9-12
★TEL:03-3631-6229

菊川・チロル1

菊川・チロル2

菊川・チロル3

菊川・チロル4

菊川・チロル5

菊川・チロル6

菊川・チロル7

菊川・チロル8

菊川・チロル9

菊川・チロル10

菊川・チロル11

PageTop

東京・住吉・喫茶 ルノワール

先日、月島から両国までタクシーにて向かっていた時に、窓の外を見ていたら
いくつかの喫茶店を見つけた。後の訪問の為に、大体の地名と店名を覚えておいた。

早速、週末に住吉で下車して散策をすることにした。あいにく散策には向かない
暑い日ではあったが、知らない街を歩くのはいつまで経っても新鮮で楽しい。

住吉駅を出て新大橋通り沿いに菊川・森下方面へ歩いていると、すぐに良さそうな
喫茶店を見つけた。店名は「ルノワール」。ここは先日には見つけられていなかった。

中の様子は見えないが、窓からちらっと見えたシャンデリアに惹かれて扉を開ける。
思ったより縦に広い店内は、想像よりもっと素敵だったので嬉しくなった。

午後の光に揺れる白いレースのカーテン、現役で使用されている電話ボックス、
椅子はビロードのソファ、そしてテーブルにはこちらも現役のゲーム台が何台も。

少し座りにくいがせっかくなので、ゲーム台の席に腰を下ろし、
アイスコーヒーを注文する。写真の許可を得て、喫茶店が好きだと話すと
ママはにっこり笑い、「この辺りでは一番古いと思うわよ」と言った。

すっかり落ち着いてしまい、その後の散策のことも忘れて置いてあった雑誌を
読むなどしてしばらくの間ここで過ごした。文字を追うのに疲れると、
窓の向こうの光を眺めた。快適な室内から眺める夏はとても好きなのだ。

夕方が近付いてきた頃、やっと腰を上げ、店を後にする。
振り返ると強い光の中に眩しく、先ほどまで居た空間が幻想であったように思えた。

知らない街の喫茶店で過ごす時間はやはり良い、と思いながら次のまだ見ぬ店を目指す。

★住所:東京都江東区住吉2-10-11
★TEL:03-3632-4717

住吉・ルノアール1

住吉・ルノアール2

住吉・ルノアール3

住吉・ルノアール4

住吉・ルノアール5

住吉・ルノアール6

住吉・ルノアール7

住吉・ルノアール8

住吉・ルノアール9

住吉・ルノアール10

住吉・ルノアール11

住吉・ルノアール12

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。