純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・乃木坂・洋菓子舗ウエスト 青山ガーデン

老舗の洋菓子店である「ウエスト」はとても好きな店で、
喫茶室でのんびりと珈琲を飲むのは勿論、大切な人に贈り物をする時、
真っ先にこちらのリーフパイや美しい焼菓子を頭に思い浮かべる。

喫茶室があるのは、銀座、目黒、日本橋三越、青山で、
一番回数多く通っていた目黒店は、この3月末で惜しくも閉店してしまう。

少し前になるが、まだ訪れたことのなかった青山ガーデン店へ出掛けてきた。

荻窪のカフェ6次元が縁で知り合った女性と約束をして、こちらへ向かう。
珈琲や純喫茶が好きだ、という共通点のおかげで緊張しながらも楽しみにしていた。

雨の降る夕方、店内は程好く空いていて、念願の店舗限定のホットケーキを注文する。
1枚にするか2枚にするか悩んだが、今回は1枚にして珈琲と一緒に注文した。

ホットスフレも気になるところだが、次の機会にしよう、とメニューを閉じ、
運ばれてくるのを待つ間、色々な話をした。視界には美しい空間が広がっている。

運ばれてきたホットケーキは、綺麗な焼き色でまるく美しい形をしていた。
早速バターを溶かし、ナイフを入れる。今まで食べたホットケーキとは違う食感が楽しい。

窓の外に目をやると、雨に濡れた木々が灯りに照らされていて瑞々しく見えた。
あっという間に閉店の時間が近付き、またどこかの純喫茶で会う事を約束し、駅に向かう。

彼女はそのまま電車に乗っていったが、何となく歩きたい気分になったので、
雨と先程の珈琲としっとりしたホットケーキの余韻を楽しみながら六本木駅へ向かった。

きっとあの近くには桜を楽しめる場所もあるのだろう。今度は明るい時間帯に訪れたい。

★住所:東京都港区南青山1-22-10
★TEL:03-3403-1818

東京・乃木坂・ウエスト1

東京・乃木坂・ウエスト2

東京・乃木坂・ウエスト3

東京・乃木坂・ウエスト4

東京・乃木坂・ウエスト5

東京・乃木坂・ウエスト6

東京・乃木坂・ウエスト7

東京・乃木坂・ウエスト8

東京・乃木坂・ウエスト9

東京・乃木坂・ウエスト10

東京・乃木坂・ウエスト11

東京・乃木坂・ウエスト12

東京・乃木坂・ウエスト13

スポンサーサイト

PageTop

東京・原宿・Repi Doll(レピドール)

二つくらい前の季節のことだが、珍しく原宿方面へ出かけた。

もうすっかり忘れてしまったほど何か小さな用事で、いつもなら避けて通る
竹下通りを、人があまりいない時間帯なのを良いことに、懐かしい気持ちで歩いた。

どこがどう変わってしまったのかも、もう思い出せないほど久しぶりの街は、
目に入る様々なものが新鮮に映った。そこで一つ、変わらない景色が急に浮かび上がる。

まだあるのだろうか、と足早に近付いた場所には、十数年前に珈琲を飲んだ
喫茶店が昔のまま(であるように思えたが定かではない)、そこにあった。

階段を上がり、中を覗きこむと美しい琥珀色の空間が広がる。
幸いにも誰もいない。

窓の外の緑色が見渡せる席に腰を下ろし、カマンベールトーストとチーズケーキと
アイスカフェオレを注文してから、昔良く訪れていた街を唐突に訪れて、
そこで珈琲を飲むのはきっと楽しいだろう、とぼんやりと空想を巡らせた。

★住所:東京都渋谷区神宮前1丁目16-5
★TEL:03-3478-5400

原宿・レピドール1

原宿・レピドール2

原宿・レピドール3

原宿・レピドール4

原宿・レピドール5

原宿・レピドール6

原宿・レピドール7

原宿・レピドール8

原宿・レピドール9

原宿・レピドール10

原宿・レピドール11

PageTop

東京・表参道・大坊珈琲店

珈琲や喫茶店の特集がされた時には、ほとんどの場合、
この喫茶店が掲載されているように思う。それくらいの有名店である。

今のように、必要以上に喫茶店に執着するようになるずっと前から、
ここの濃厚な珈琲が好きで、表参道の方面に行く際には寄っていた。

カウンターの中には、いつも凛々しいマスターがいて、
一杯の珈琲を毎回真剣な眼差しで淹れるのを、そっと見ることが好きだった。

その癖、カウンターに座るとなぜだか緊張してしまうので、
空いているときに訪れてテーブル席に通してもらえると、少し安心した。

店内は、飴色の木のテーブルと椅子で、無駄なものが何も置いていない。
備え付けられた棚には、気になる本がたくさん並べられている。

この日は、100ccに対して、珈琲豆が25gのブレンドを注文した。
お湯と珈琲豆の割合で、その日の気分によって、好きな味を選べるのが嬉しい。

以前は、どれだけ濃い珈琲を飲んでも大丈夫だったが、最近は、
立て続けに濃い珈琲を飲むと、体調に表れてしまうので、少し気を付けている。

ここの珈琲が好きな理由は、お湯の温度が熱すぎないことでもある。
珈琲は好きだが猫舌なので、あまりに熱いと、いい匂いを目の前にしながらも
結局、ある程度の温度にならないと飲むことが出来ず、もどかしくなってしまうからだ。

この日も、珈琲はとても美味しかった。
ここへ来ると、喉だけではなく、気持ちもシャンとして、いい気分になれるのだ。

★住所:東京都港区南青山3-13-20 2F
★TEL:03-3403-7155

大坊珈琲店1

大坊珈琲店2

大坊珈琲店3

大坊珈琲店4

大坊珈琲店5

大坊珈琲店6

大坊珈琲店7

大坊珈琲店8

大坊珈琲店9

PageTop

東京・外苑前・珈琲専門店 香咲(カサ)

青山や原宿、表参道の方面には、とんと馴染みがない。

行きたい喫茶店も、ちらほらとあるが、用事にかこつけないと
なかなか行けず、しかも、ここの喫茶店を知ってしまってからは、
ホットケーキの誘惑に負けて、ますますその機会も減った。

雑誌などにもよく載っている有名なお店で、品の良いマダムと
娘さんの焼く優しそうなホットケーキは、写真越しにでさえ、
美味しそうな匂いがただよってきそうだと思った。

初めて食べたときは、ホットケーキもバナナタルトも
美味しすぎて、ただただ感動の言葉しか出なかった。

その後も、どうしてもこの組み合わせをしてしまう。
プリンや他のケーキも食べてみたいのに。

店内は、さすが場所柄なのか、落ち着いたシンプルな様子。

カウンター席数席と、テーブル席がいくつか、奥には素敵な小部屋。

ここで、美味しい珈琲とケーキをいただく時間は、
しばし、ドアの外の喧騒を忘れてしまうほど優雅だ。

店名の「カサ」の発音も可愛い。

★住所:東京都渋谷区神宮前3-41-1 フラッツ矢野ビル1F
★TEL:03-3478-4281

48db.jpg

a9e2.jpg

3856.jpg

c9d7.jpg

3e9b.jpg

8a08.jpg

d142.jpg

1db5.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。