純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

栃木・宇都宮・純喫茶 サンバレー

まだ寒さが少し残る季節の終わり、久しぶりに宇都宮を訪れた。

所用が済んだ頃にはもう夕方だったのだが、どこかまだ営業している
純喫茶があるのなら、珈琲を一杯頂いてから帰ろうと思った。

新幹線の止まるJR宇都宮駅と、飲食店が多く軒を連ねる繁華街に近い
東武宇都宮駅は若干離れている。記憶を頼りに20分程歩いた。

何となく勘が働き、少し妖艶な店が立ち並ぶ小道を曲がってみたところ、
この日を締めくくるのに最高の純喫茶に出会ってしまった。

鈍く光るガラスのドアに書かれた「純喫茶」の文字。サンバレーの字体。
すぐに入ってしまうのが勿体無く、しばらく外からその様子を眺めていた。

その怪しげな行動を通行人に幾度か振り返られた頃、深呼吸をして扉を開ける。

カウンターの奥で佇んでいたママが顔を上げて「いらっしゃい」と笑った。

店内も、期待を決して裏切らない素晴らしい昭和の空気を醸し出していて、
思わずママに、こちらに来られて良かったという感動を早々に伝えてしまう。

ママはにこにこと「どこから来たの?」「ゆっくり休んでいってね」という優しい言葉。
注文を聞かれ、何か甘いものがあるかと尋ねると、現在は珈琲のみということだった。

それでは、と珈琲をお願いして待っていると、テーブルに置かれたのは何とみかんゼリー。
メニューには特にないからこれでも食べていって、と愛情たっぷりのサービスに感激する。

少し丸みを帯びた天井、飾られた花、赤い椅子、壁にデザインされた黒いクッション。
1時間程、ママと色々なことを話した。

当時は本当に賑わっていたが、今では夜に珈琲を飲みに来る人も少なく、
皆酒場に行ってしまうため、遅くまで営業しなくなってしまったこと。
それでもいつもふらりと立ち寄ってくれる常連の姿を嬉しく思っていること。
壁が経年の汚れで色が変化したことを気にしているが、そのままで良い、
と言ってくれる人が多いこと・・・。

他にもこちらを遠方はるばる訪れる純喫茶愛好家の方たちの楽しい話を聞く。
私も全国の様々な純喫茶を巡っている、と話すと「素敵な趣味ね」と言って下さった。

東京、宇都宮間は新幹線に乗ってしまえば、45分程で到着するため、
そんなに遠くはないのだが、それでも頻繁には来られる距離ではない。

また近いうちにこちらへやってくるのでいつまでもお元気で営業を続けて欲しい、
という旨のことを伝えると、「そうね」とママは笑った。

帰り際に見せて下さったマッチ箱は、現在では僅か2つしか残っていないらしく、
頂くことは出来なかった代わりに、存分に眺めて写真を撮った。

すっかり暗くなった夜の景色を扉の向こう側に見つけ、「またいらしてね」と
いう言葉に笑顔で会釈をして、東京へ戻る駅までの道のりも幸せな気持ちで歩く。

★住所:栃木県宇都宮市池上町4-21
★TEL:028-634-8320

栃木・宇都宮・純喫茶サンバレー1

栃木・宇都宮・純喫茶サンバレー2

栃木・宇都宮・純喫茶サンバレー3

栃木・宇都宮・純喫茶サンバレー4

栃木・宇都宮・純喫茶サンバレー5

栃木・宇都宮・純喫茶サンバレー6

栃木・宇都宮・純喫茶サンバレー7

栃木・宇都宮・純喫茶サンバレー8

栃木・宇都宮・純喫茶サンバレー9

栃木・宇都宮・純喫茶サンバレー10

栃木・宇都宮・純喫茶サンバレー11

栃木・宇都宮・純喫茶サンバレー12

栃木・宇都宮・純喫茶サンバレー13

栃木・宇都宮・純喫茶サンバレー14

栃木・宇都宮・純喫茶サンバレー15

スポンサーサイト

PageTop

栃木・新鹿沼・喫茶 遊

つい最近のようで、訪問からあっという間に2年が経過していた喫茶店の話を。

初めて訪れた新鹿沼界隈は、本当に素敵なところだった。

商店街も住宅地も視界に入る全てのものに惹かれ、歩いているだけで興味深かった。

ブログではまだ綴っていないが、書籍『純喫茶コレクション』に掲載させて頂いた
「柊」や「ニュー平和」もこの時に知った。どちらもまた必ずお邪魔したいと思っている。

適度に賑わっていて、古い雑貨などを売る店があって、珈琲が飲める街はいい街だ。

この日帰り旅行の目的は、「アンリロ」というレストランで美味しい野菜を食べることだった。
(味はもちろん、店内のインテリアも料理の盛り付けも大変素晴らしかった)
食後には、すぐ近くにある「響茶庵」で珈琲を飲むことも重ねて。

そこへ向かう途中、わざと路地に迷い込みながら歩く途中に見つけたのが、
「喫茶 遊」だった。可愛らしいすずらんの形をした灯りの横にコーヒーの文字。

店内を覗き込むと誰も居なかったが、隣接している庭で植物の手入れをしている男性が
見えたので、扉を開けて声をかける。すぐにやって来てくれて、水を運んできてくれた。

この日は珈琲をたくさん飲む予定だったので、一軒目のここでは珍しくアイスレモンティーを。
普段、紅茶はそんなに頻繁に飲まないが、光に透けた時の色が美しいので好きだ。

寡黙に見えたマスターは、話してみるととても優しい雰囲気で、控えめに笑う方だった。

何の話をしたか、今は忘れてしまったが、風に揺れるレースのカーテンが心に残っている。

★住所:栃木県鹿沼市蓬莱町1401
★TEL:0289-65-4368

栃木・新鹿沼・遊1

栃木・新鹿沼・遊2

栃木・新鹿沼・遊3

栃木・新鹿沼・遊6

栃木・新鹿沼・遊7

栃木・新鹿沼・遊4

栃木・新鹿沼・遊5

栃木・新鹿沼・遊8

栃木・新鹿沼・遊9

栃木・新鹿沼・遊10

PageTop

栃木・川治温泉・喫茶 論談館(ろだんかん)

だんだんと涼しくなってきて、ようやく秋の気配を感じるようになった。

すると記憶のほうも季節が入れ替わるようで、少し前までは
夏のことばかり考えていたのに、急に数年前の涼しかった日々を思い出した。

浅草から電車に揺られて、鬼怒川温泉へ行ったときのこと。
そこからもう少し足を伸ばして川治温泉へも出かけた。ただ散策のために。

暗くなってくると歩く人もほとんどいなく、少し心細いような気持ちになる。
靴の中に入ってしまった小石を気にしながら歩き、ここの灯りを見つけたときはほっとした。

扉を開けて中へ入ってみると誰もいなかったが(店の人さえも)、しばらくすると、
優しそうな女性が慌てて戻ってきたので、あたたかいココアをお願いする。

カウンター席のテーブルに置かれた自家製の梅酒の瓶を眺めながら、
旅はいつも少し悲しい、と思う。始まったと同時に終わりに近付くからだろうか。

そんなことを思っていても、きっとまたすぐ遠くへ行きたくなってしまう。

甘い甘いココアの味と同時に、この日のことをまた思い出す。

★住所:栃木県日光市川治温泉高原52
★TEL:0288-78-0108

栃木・論談館1

栃木・論談館2

栃木・論談館3

栃木・論談館4

栃木・論談館5

栃木・論談館6

栃木・論談館7

栃木・論談館8

栃木・論談館9

栃木・論談館10

栃木・論談館11

栃木・論談館12

PageTop

栃木・湯西川温泉・喫茶 美鈴

まるで、つげ義春の話に出てきそうな温泉街だ、と思った。

バスを降りたら、道路の端には雪がよけられていて、
それをわざと踏みながら歩いた。当たり前だが、空気が冷たい。

そんな中、帰りのバスを待つのに、良い喫茶店を見つけた。

その街で、一番栄えている商店街の中にあった店。

店内には、誰もおらず、店の人さえ不在だったが、
扉を開けて、声をかけると、明るい笑顔のマダムが出てきてくれた。

運ばれてきたカフェオレで、手をあたためる。
一口飲むと、じわじわと体全体に熱が広がる気がした。

店内は、こじんまりとしていて、カウンターが数席、4人掛けの
ボックス席が3つに、2人掛けが1つだったか。

もちろん、テーブルになっているのは、懐かしいゲーム台だった。
人がいないのに、さみしい感じは少しもしなくて、温度のある喫茶店だった。

まもなくバスがやってきて、それにつられるように、店を出た。

★住所:栃木県日光市湯西川741
★TEL:0288-98-0932

美鈴1

美鈴2

美鈴3

美鈴4

美鈴5

美鈴6

美鈴7

美鈴8

美鈴9

美鈴10

PageTop

栃木・鬼怒川温泉・グリル あさや

先日書いた、喫茶 むじんぞう、と同じ建物の
二階にある食堂のこと。

食堂、といっても、下の喫茶店と同じメニュー内容で、
その、観光地らしい桃色の椅子がやけにレトロで、
上からぶら下がる照明も、窓のシールも光る看板も何だか良かった。

ちょうどお昼時だったためか、ひっきりなしに訪れる観光客。
それを、てきぱきとこなしていく店員さんの手際の良さ。

せっかくなので、栃木の名物であるという「湯波丼」(栃木では
(湯葉)ではなく、(湯波)と書くらしい)を注文してみた。

とろとろとした卵にくるまれた、湯波とキノコ。
やさしい味付けでするすると食べられてしまった。

食後の珈琲でも、と思ったが、もう少し喫茶店を探すことにして、
店を出た。レジ横に、化粧室があったが、その案内板も懐かしかった。

★住所:栃木県塩谷郡藤原町大原1396-10 2F
★TEL:0288-77-1453

あさや1

あさや2

あさや3

あさや4

あさや5

あさや6

あさや7

あさや8

あさや9

あさや10

あさや11

あさや12

あさや13

あさや14

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。