純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・東中野・ジャックと豆の木

東中野駅の話題になると「下車したことがないかもしれない。」という声を良く耳にする。

私も純喫茶を好きになるまではそうだった。
しかし、この数年間でこの駅を目指すことがとても増えた。

なぜなら、今まで訪れた純喫茶の中でも一番好みの味であると思っている
ミートソーススパゲティを食べられる店がこの駅にあるからだ。

「ルーブル」は一見普通のパン屋であるのに
奥には喫茶室が併設され、
スパゲティ数種類の他にサンドイッチメニューが多数、デザートも充実している。
(ルーブルについての記事はこちら
2011年の記事でミートソースの写真がないので下に貼っておく。)
ルーブル・ミート

今回は、いつもルーブルに吸い込まれてしまうゆえに、
存在を知りながらもなかなか訪問することが出来なかった純喫茶について綴る。

東口改札を出て階段を下り、ルーブルと反対方向へ曲がり、
線路沿いに歩くとすぐに見えてくる。赤色のひさしが目印となる。

こちらには、「山賊トースト」「海賊トースト」という面白いネーミングのメニューがあって、
一体どのようなものか食べてみたいと思っていた。

こぢんまりとした店内は夕方以降に覗くと大抵賑わっていて、
人気店であることも訪問が遅くなった理由の一つである。

入口側のガラスを通して外の風景を眺められるのも良い。
場合によるが、時間の変化が分からない空間にいると不安になってしまう時もある。

この日は「海賊トースト」と珈琲を注文した。
海賊トーストは、マヨネーズで和えたツナをパンに挟んでトーストしたもの。

マヨネーズがあまり得意ではないため、いつもなら選ばないメニューなのだが、
こちらのトーストはマヨネーズの分量が絶妙で美味しく、すぐに食べ終えてしまった。

山賊トーストも追加注文してしまおうかと考えたが、次回の楽しみにして
近くにあった雑誌を読みつつ、珈琲を飲んでのんびり過ごした。

近くには「ポレポレ東中野」という映画館もあるので、
映画を見る前後にここでひと休みするのもお薦めの過ごし方。

★住所:東京都中野区東中野4-2-1 佐野ビル 1F
★TEL:03-3367-4430

東京・東中野・ジャックと豆の木1

東京・東中野・ジャックと豆の木2

東京・東中野・ジャックと豆の木3

東京・東中野・ジャックと豆の木4

東京・東中野・ジャックと豆の木5

東京・東中野・ジャックと豆の木6

東京・東中野・ジャックと豆の木7

東京・東中野・ジャックと豆の木8

東京・東中野・ジャックと豆の木9

東京・東中野・ジャックと豆の木10

東京・東中野・ジャックと豆の木11

***************************************************************************
新刊『純喫茶、あの味』発売中です。よろしくお願い致します。

『純喫茶、あの味』書影

(アマゾンでのご注文は こちら になります。)
***************************************************************************
<2016年開催予定イベント>

★7/7 (木)「パラレル喫茶ナイト」 【満席】 終了しました
 場所:神保町 東京堂書店
 対談:6次元 ナカムラクニオさん


★7/19 (火)「能町みね子の純喫茶探訪気まぐれミルクセ〜キ」発売記念 【満席】終了しました
 場所:新橋 ニュー新橋ビル
 主催:能町みね子さん
 (私はゲストとしてお誘い頂きました。精一杯サポートできるよう頑張ります!)


★7/26(火)「純喫茶『トーキョーサマー』」 【満席】終了しました
 場所:渋谷Loft9
 対談:サニーデイ・サービス 曽我部恵一さん
 協力:バルミューダ株式会社、moln


★9/6(火)「純喫茶文字ナイト」 【満席】終了しました
 場所:荻窪 6次元
 対談:松村大輔さん(書籍『よきかな ひらがな』著者)


★9/10(土)「純喫茶Lost&Found 3」 【満席】終了しました
 場所:大阪 アオツキ書房
 対談:夢夢子(ヘア・サロン夢屋 / 喫茶待夢)、ゲスト:タカ・タカアキ&ナイトサパーズ from 赤犬


★9/24(土)『「純」喫茶ロックの夜』 終了しました
 場所:下北沢B&B
 対談:行 達也(タワーレコード レーベル事業部勤務、元モナレコード店長) ⇒フカミマドカ
 受付:こちら からお願いします。
 ※出演予定だった行さんは体調不良のため、盟友のフカミマドカさんがご出演下さいました。


★10/9 (日)「今訪れたいあの店」【満席】
 場所:日本橋三越 三越カルチャーサロン
 詳細:9/1(木)より、「日本橋 街大學」HPより受付開始。
 申込みページはこちらになります。

★11/3(祝・木)「タイトル未定」
 場所:西国分寺 クルミドコーヒー
 詳細:後日発表

★11/5(土)「タイトル未定」 ⇒大変申し訳ございませんが私の都合により延期となります。
 場所:大阪(近日発表)
 
★11/6(日)「楽しい純喫茶の世界」【受付中】
 場所:名古屋 栄中日文化センター
 詳細:申込みは こちら からお願いします。
 ※名古屋市中村区 「珈琲家ロビン」より、ユミさんがゲスト出演して下さることとなりました!
   長い間営業を続ける純喫茶をずっと見守ってきた方からの貴重なお話が聞けますので是非!

★11/12(土)「タイトル未定」
 場所:未定
 詳細:近日発表

★11/26(土)「タイトル未定」
 場所:表参道
 詳細:近日発表

★12/10(土)「タイトル未定」
 場所:京都
 詳細:近日発表

皆様のお越しをお待ちしております!

***************************************

Twitterに登録しております。フォローやコメント、いつも有難うございます。
(アカウントは、『retrokissa』です。URLはこちら ⇒ 純喫茶コレクション

***************************************

***************************************

<書籍:『純喫茶コレクション』について>

詳細はこちらをご覧頂けると幸いです。→ 『純喫茶コレクション』書籍化のお知らせ

『純喫茶コレクション』 著者 難波里奈  PARCO出版 ¥1,728

純喫茶コレクション 書影

<書籍:『純喫茶へ、1000軒』について>

2015年8月7日に、アスペクトより出版しました。現在、全国の書店等で販売中です。

純喫茶 パブ用書影

どちらも書店でお見掛けの際には、お手に取ってご覧頂けましたら光栄です。

**************************************

スポンサーサイト

PageTop

【閉店】東京・新中野・喫茶 ミロン

純喫茶に限らず、ずっとそこにあると思っていたものが
思いもよらないタイミングで無くなってしまうことは多々ある。

それは、例え気を付けていても防げないものだったり、
あがいても、悲しんでも、どうしようもないことだったりもする。

ここでは純喫茶に関していうと、「喫茶」に夢中になってからの長い時間で
たくさんの店が幕を閉じるのを見てきたので、少しは慣れるものかと思うのだが、
何度経験してもなかなか難しい。

閉店は○月○日です、と事前に告知されている場合、残念なことには
変わりがないが、心の準備をしたり、最後の訪問が出来る分まだ良い。

新中野にあった「ミロン」という素敵な純喫茶は、ママさんの急逝により
唐突に閉店された。

ママさん亡き後、数日間、店の片付けと常連さんたちへの報告のために
店を開けていたご子息から閉店の理由を聞いた時は、電話口だというのに
大きな声を出して驚いた後、絶句してしまった。

閉店を知ってから一週間。夜は別の仕事をされているというご子息は
今までのような営業時間にするわけにもいかず、日中だけの開店だったため、
店に直接ご挨拶に伺うことは叶わず、電話にて失礼させて頂いた。

元気なママさんのお姿を見たのは、昨年の11月初旬。

実をいうと、春以降に出版する純喫茶本に掲載させて頂く予定だった。

「古い店よ」と謙遜しつつも快諾して下さり、こちらを紹介出来ることを
本当に嬉しく思っていたのだ。本をご覧下さった方々がママさんの作った
ナポリタンを食べて顔をほころばす様子まで思い浮かべていたというのに。

あまりにも突然の出来事。ご家族や常連の方々はさぞかしお辛かったと思う。

ハチの巣のようにも見えた、美しい六角形の鏡と赤い椅子とゲーム台。
銀色の皿に盛られたとびきり美味しいナポリタン。正統派のクリームソーダ。

あの場所で喫茶時間を過ごせて、数十分とはいえどママさんとお話出来たこと。
これからもずっと忘れないでいます。

そして、今まで素敵な純喫茶を営業して下さり、本当に有難うございました。
ママさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

(2015年2月27日 閉店)

★住所:東京都中野区本町5-40-20

東京・新中野・ミロン1

東京・新中野・ミロン2

東京・新中野・ミロン3

東京・新中野・ミロン4

東京・新中野・ミロン5

東京・新中野・ミロン6

東京・新中野・ミロン7

東京・新中野・ミロン8

東京・新中野・ミロン9

東京・新中野・ミロン10

東京・新中野・ミロン11

東京・新中野・ミロン12

東京・新中野・ミロン13

東京・新中野・ミロン14

東京・新中野・ミロン15

東京・新中野・ミロン16

東京・新中野・ミロン17

PageTop

【閉店】東京・新宿・TEA ROOM パーシモン

また一つ、純喫茶が閉店してしまうという寂しい知らせを聞いた。

新宿南口を出て、西新宿方面へまっすぐ坂を下り、しばらく歩いて
紳士服店のあるビルの奥にその喫茶店はひっそりと営業している。

店の名前は「パーシモン」。調べてみると、柿の木、という意味があるようだが、
名付けたマスターの真意は確認出来ていない。

入口に灯りが点いているのを確認してほっとする。
壁に掛けられた豊富な食事メニューを見て、他所で食べてきてしまったことを
少し後悔した。オムライスにナポリタン、ロコモコ丼なんて素敵なメニューまであるのだ。

カーテンをくぐり、店内に入るとにこやかなマスターとマダム、雑誌を読む女性が一人。

クリームソーダをお願いすると、ソーダ類は全て終了してしまったとのこと。
それでは、とコーヒーフロートを注文した。運ばれてくるまでの間、目の前の席の
黒い革張りのソファや掛けられた絵を眺める。

シンプルだが、あたたかい雰囲気でその広さも丁度良く居心地の良い空間だと思う。
大きな窓があるわけではないので、煙草の匂いがこもっていたが、純喫茶に居る間は
そこのところは考えないようにしている。

運ばれてきたコーヒーフロートの、アイスクリームと氷がくっついて少し凍った部分を
好んで掬って食べてしまう。そうしてから苦い珈琲を飲む。

置かれていた雑誌をぱらぱらとめくり、数十分そこにいた。
途中やってきたサラリーマンの男性が頼んだミートソースが美味しそうで
羨ましく眺めながら。

こちらの閉店は、マスター夫妻のご都合ではなく、ビルの解体のためで、
どちらかに移転される予定は今のところないようだ。

せめてもの思い出にマッチ箱を、と尋ねるも現在は作っていないとのこと。
代わりに、とママが差し出して下さったのは、店名が入っている伝票。

橙色のそれを一枚頂き、折れ曲がらないように大事に鞄にしまって、
店を出た。名残惜しく外観を眺めて、もうすぐ無くなってしまうビルの中に
いることが何だか不思議に思えた。確かに、パーシモンはここに存在したのだ。

(2014年9月26日 閉店)

★住所:東京都新宿区西新宿1-19-6 山手新宿ビル 1F

東京・新宿・TEA ROOM パーシモン1

東京・新宿・TEA ROOM パーシモン2

東京・新宿・TEA ROOM パーシモン3

東京・新宿・TEA ROOM パーシモン4

東京・新宿・TEA ROOM パーシモン5

東京・新宿・TEA ROOM パーシモン6

東京・新宿・TEA ROOM パーシモン7

東京・新宿・TEA ROOM パーシモン8

東京・新宿・TEA ROOM パーシモン9

東京・新宿・TEA ROOM パーシモン10

東京・新宿・TEA ROOM パーシモン11

東京・新宿・TEA ROOM パーシモン12

PageTop

東京・新宿・カフェ アルル

このところ、世間的にも人気を得ている「ナポリタン」であるが、
純喫茶に夢中である者として、その傾向をとても嬉しく思う。

純喫茶の中で食べるナポリタンは、店毎にマスターの個性を感じ、
幼い頃の懐かしい記憶もあいまって、どちらで頂いても美味しい。

新宿3丁目から少し歩いたところにある「カフェ アルル」のことは、
以前から知っていた。散歩の達人などに掲載されたページを眺め、
店内にピエロ等の人形が沢山ある妖艶な空間に憧れていた。

こちらの店を訪問した方に印象や特徴を尋ねたなら、「ピエロ」「沢山の本」
「珈琲についてくるバナナと豆」、そして「可愛らしい看板猫」のことが多いのだろう。

だいぶ夏に近付いてきた暑い日の夜、新宿駅からこちらまで歩いた。

人通りも少しずつ減ってきて、良い感じの小道に曲がったところに
この喫茶店が現れる。一見すると喫茶店だと分からないかもしれない。

店の前には、賑やかな置物が多数並んでいる。
その中でも一番目を惹いたのは、猫が皿の上のスパゲティを掬っているものだ。

新宿駅前の喧騒が嘘だったような静かな空間で、気に入った席に腰を下ろす。

目当てのナポリタンと冷たいコーラを注文した後、ふと横を見ると綺麗な
白い猫が寝ていた。こちらに気が付いたのか、ちらりと目を開けたが
またすぐに気持ちよさそうな顔をして眠ってしまった。

マスターに尋ねたところ、だいぶ高齢の雄の猫で名前は
「ゴエモン」さんというらしい。本当に美しい猫で人にも慣れている。

許可を得て写真を撮っていると、食事が運ばれてきた。
マスターは茶目っ気たっぷりな笑顔で「ニャポリタンです」と言う。

前情報の通り、コーラにはバナナ一切れとジャイアントコーンが付いてきた。
ナポリタンはあっさりしているので、ボリュームがありながらもすぐに完食してしまった。

ゆったりした空間には数人の先客がいて、それぞれ趣味の話をしたり、
本を読んだりしていた。手洗いの近くの棚には、上村一夫さんの漫画もあった。

席の近くにあった大きな水出しコーヒー器の様子を眺めていたマスター曰く、
「青年向けのコーナーもある」とのこと。成程、セクシーな写真集ばかりの棚もあった。

待ち合わせの時間までのんびりと過ごしていると、「これもどうぞ」と甘栗を
差し出して下さった。有り難く頂く。その後には更に、大福もどうかと言って下さったが、
あまりにも満腹だったので丁重にお断りしてしまった。美味しそうな大福だった。

結局、閉店時間の直前まで猫のゴエモンさんを眺めたり、本を読んだりしていた。

新宿でいつも寄る純喫茶というと、その利便性から「らんぶる」か「西武」が多かったが、
今後はこちらの「カフェ アルル」に来るという選択肢も増えたのでとても嬉しい。

その時は誰かを連れて「ニャポリタン」を食べてもらえたなら、と空想する。

★住所:東京都新宿区新宿5-10-8
★TEL:03-3356-0003

東京・新宿・カフェ アルル1

東京・新宿・カフェ アルル2

東京・新宿・カフェ アルル3

東京・新宿・カフェ アルル4

東京・新宿・カフェ アルル5

東京・新宿・カフェ アルル6

東京・新宿・カフェ アルル7

東京・新宿・カフェ アルル8

東京・新宿・カフェ アルル9

東京・新宿・カフェ アルル10

東京・新宿・カフェ アルル11

東京・新宿・カフェ アルル12

東京・新宿・カフェ アルル13

東京・新宿・カフェ アルル14

東京・新宿・カフェ アルル15

東京・新宿・カフェ アルル16

東京・新宿・カフェ アルル17

東京・新宿・カフェ アルル18

東京・新宿・カフェ アルル19

東京・新宿・カフェ アルル20

東京・新宿・カフェ アルル21

東京・新宿・カフェ アルル22

東京・新宿・カフェ アルル23

PageTop

【閉店】東京・新宿・珈琲貴族 エジンバラ

また一つ、純喫茶の灯りが消えてしまった。

新宿、という静まることのない眩しい街にあった純喫茶は、その場所にふさわしく、
24時間営業という形態を取っていて、常に多くの人で賑わっていた。

大きな通りに面していて、すぐ近くの道を進めば歌舞伎町が見えてくる。

珈琲貴族 エジンバラは、煌びやかな光を灯し、いつも当たり前のように
そこにあったので、ちらりと横目で見ては通り過ぎてしまうことが多かった。

数年ぶりの再訪が閉店をきっかけに、というのも申し訳ない気がしたが、
せっかくなので足を運ぶことにした。

以前、訪れた時は時間帯のせいかとにかく満席で、煙草の匂いと白い煙が
ゆらゆらとしているイメージだったが、今回は全く違う印象を受けた。

中二階はリニューアルしたのだろうか。とても清潔で綺麗になっていると思った。
階段を上がり、アーチをくぐると、少し天井の低い、しかし落ち着く空間が広がる。

緑の鉢植えの近くの席に腰を下ろし、渡されたメニューを一枚一枚めくっていく。

確か、前回は「貴族ブレンド」を注文した。しかし、こんなにも沢山のメニューが
あったのかと驚く。飲み物は勿論、食事もトーストにサンドイッチ、グラタンまである。

しかし、この日は何を注文するかはもう決めていた。

注文後に、店員さんがテーブルにて高い位置から注いでくれるというカフェオレだ。
念のため、パフォーマンスが見られるのはこちらで大丈夫かと尋ねてみる。

にっこり頷く女性店員の笑顔を見て、これは楽しみだと胸が高まる。

しばらくの間、空間を楽しむ。あいにく、満席だったため、写真は後にして目に焼き付けた。

「お待たせしました」と元気の良い声と共に、テーブルにコーヒーカップが置かれた。
ソーサーの近くには白いタオルが添えられている。飛散防止のためであろう。

何故だかこちらも緊張する中、銅色の美しい二つのポットから珈琲とあたためられた
牛乳が同時にカップに吸い込まれていく様子を、ただただ感心して眺めていた。

みるみるうちにカップは満たされ、丁度良く泡立ったカフェオレが完成していた。
思わず拍手をしたい気持ちになったが、代わりに賞賛の言葉と、失敗したりは
しないのか、という率直な質問をしてしまう。

その言葉に対して、女性店員は「たまにありますよ」と再びにっこりと笑う。

この場所で飲むことの出来る最後のカフェオレを、しみじみと頂く。
金色の縁取りの美しいカップの効果のおかげもあって、本当に美味しかった。

聞いたところによると、こちらの閉店はビルの建替えによるもので、本当に
急に決まったのだという。そして、新しい場所を探しているのですけれどね、と
レジでお釣りを手渡してくれながら、爽やかな笑顔を向けてくれた男性店員の言葉を
信じて、いつかどちらかでの営業再開を待つほかないのだろう。

貴重であろうマッチ箱を土産に頂き、表へ出る。

入口近くの「coffee 24H」のネオンを見上げる。

眠らない街の眠らなかった純喫茶は、しばらくの間休息に入る。

★住所:新宿区歌舞伎町1-5-3 小菊ビル 1F
(珈琲貴族 エジンバラのツイッター → こちら
営業再開の際にはこちらからお知らせされるようです)

【閉店】東京・新宿・珈琲貴族エジンバラ1

【閉店】東京・新宿・珈琲貴族エジンバラ2

【閉店】東京・新宿・珈琲貴族エジンバラ3

【閉店】東京・新宿・珈琲貴族エジンバラ4

【閉店】東京・新宿・珈琲貴族エジンバラ5

【閉店】東京・新宿・珈琲貴族エジンバラ6

【閉店】東京・新宿・珈琲貴族エジンバラ7

【閉店】東京・新宿・珈琲貴族エジンバラ8

【閉店】東京・新宿・珈琲貴族エジンバラ9

【閉店】東京・新宿・珈琲貴族エジンバラ10

【閉店】東京・新宿・珈琲貴族エジンバラ11

【閉店】東京・新宿・珈琲貴族エジンバラ12

【閉店】東京・新宿・珈琲貴族エジンバラ13

【閉店】東京・新宿・珈琲貴族エジンバラ14

【閉店】東京・新宿・珈琲貴族エジンバラ15

【閉店】東京・新宿・珈琲貴族エジンバラ16

【閉店】東京・新宿・珈琲貴族エジンバラ17

【閉店】東京・新宿・珈琲貴族エジンバラ18

【閉店】東京・新宿・珈琲貴族エジンバラ19

【閉店】東京・新宿・珈琲貴族エジンバラ20

【閉店】東京・新宿・珈琲貴族エジンバラ21

(2014年5月28日 閉店)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。