純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・本郷・麦

本郷には、たくさんの喫茶店があって、
私は、たまに、わざわざその周辺で珈琲を飲むために足を伸ばす。

偶然なのか、本郷へ行くときは、雨の日が多く、
さて、どこの喫茶店へ行こう、と電車を降りて、雨宿りついで、
それを考えるためだけに、ここの喫茶店の階段を下りる。

本郷三丁目の駅から、数秒で行けるところにある、
昔ながらの名曲喫茶、麦という喫茶店。

店内は、赤いビロードの椅子に、背もたれに白い布、
壁にかけられた作曲家たちの肖像画に、流れるクラシック。

とても正しい形の名曲喫茶は、いつもたくさんの人で
賑わっている。

メニューを見てみると、アイスティ250円、と値段設定も
昭和のままだ。嬉しい反面、一杯だけだと長居するのも悪い。

一見表立った特徴もないように思えるが、こういうシンプルな
喫茶店こそ、家の近所にあったら、一番嬉しい。

★住所:東京都文京区本郷2-39-5
★TEL:03-3811-6315

afb3.jpg

6533.jpg

f90e.jpg

5a86.jpg

267c.jpg

a759.jpg

1e4d.jpg

スポンサーサイト

PageTop

東京・本郷・ルオー

なんとなく、喫茶店へ行きたい、と
ぼんやり思ったときには、大学のある駅を目指す。

学校の近くには、必ずといっていいほど、良い喫茶店が
ひっそりと、存在しているものだ。

神保町、早稲田、そして、本郷もまた然り。

特に、本郷周辺は、好きな喫茶店の多い地域で、
最近になってようやく、赤門の前の通りの喫茶店全てに
行くことが出来た。

その中でも、珈琲というよりカレー、で有名なのが、
ルオー。雑誌の喫茶店特集で、ここが載るときは、必ず、
どこかに「カレー」の文字が添えられているように思う。

私も、初めて行ったときは、カレーを食べるつもりだった。

が、椅子に彫られたかわいい珈琲カップの模様を見たら、
なぜかトーストが食べたくなってしまった。

入口から一番遠い席には、なぜか、ガラス越しに緑が
飾られてあって、それが、森の中の喫茶店を思わせて良い。

★住所:東京都文京区本郷6-1-14
★TEL:03-3811-1808

f908.jpg

bd61.jpg

9ac9.jpg

d906.jpg

543d.jpg

PageTop

東京・本郷・リオ

一番シンプルで、正しい喫茶店、
それがリオに入ったときの最初の感想だった。

広すぎず、狭いわけでもない。

カウンターに並ぶ椅子ととテーブル席がいくつか。

窓は大きく、晴れた日には、その席が特等席になる。
窓枠には、きらびやかな灯りと飾り。

雨の日だったからか、店内は、程よい人の数で、
それぞれが静かに、自分の時間を過ごしている。

あたたかい珈琲をやめて、アイスティを頼んでみたら、
下にひかれたガラスのお皿がとても綺麗だったので、
思いがけず喜ぶ。

雨の日に、こうして喫茶店でとりとめもない思いを
馳せるのが何よりもしあわせ。

★住所:
★TEL:

3353.jpg

919b.jpg

1451.jpg

a475.jpg

c08b.jpg

2f88.jpg

2ef4.jpg

771d.jpg

PageTop

東京・本郷・こころ

店名の、こころ、は、やはり夏目漱石から
とられているのだろうか。

同時に、店の前にある東大の三四郎池を思い浮かべる。

一見、入るのをためらってしまうような、古ぼけた紫色の扉。

取っ手の白くて大きな丸が素敵だ。

ちょっと重たいその扉を開けて中へ入ると、
たいてい人がいることは少なく、一瞬にして贅沢な貸切空間になる。

つやつやとした、緑色と青色の椅子が交互に並ぶ。

ここでは、まるで時間が止まってしまったようだ。

その頃に、こういう喫茶店へ来たことはないはずなのに、
記憶の中に残る、昭和の思い出を全部手繰り寄せたくなるような、
そんな気持ちになる。

熱いココアを一杯。

いつまでもこのお店が、呼吸を続けてほしいと願いながら。

(後日知ったのだが、ここは、新宿中村屋発祥の跡地だったよう。)

★住所:東京都地本郷6-18-11
★TEL:03-3812-6791

cdd0.jpg

26b0.jpg

3e96.jpg

b98e.jpg

8f08.jpg

272c.jpg

129f.jpg

90dc.jpg

PageTop

東京・本郷・ボンナ

1年前くらいの夏に、ここの喫茶店に恋をして、
でも、なかなか想いは通じなかった。

早めの閉店時間に、いつも間に合うことが出来ず、
ふたたび、縁が出来るまで待つこととした。

その間も、本郷を思うたび、ここの喫茶店が
頭をよぎり、切ないような気持ちにすらなったりした。

やっと訪れることの出来た、雨の降る午後。

傘の中から、入口を眺め、灯りが点いているのを
確認した瞬間、ほっとした。

店内は、まるで水の中のように静かだった。

丸い宇宙のような照明が、キラキラと輝くだけで、
本当に音のない世界だ、と私も息をひそめた。

アイスティをストローでぐるぐるとかき混ぜながら、
さて、次は、何をしようか、といくつも空想する。

笑顔の美しい店主に、ごちそうさま、とお礼を言って、
私は、ここへ来る前の数倍も、しあわせな気持ちに
なっていることに気がつく。

★住所:東京都文京区本郷6-17-8
★TEL:03-3811-8570

3810.jpg

6859.jpg

2510.jpg

19d8.jpg

6f6f.jpg

c629.jpg

7fba.jpg

64c9.jpg

8efa.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。