純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

石川・金沢・純喫茶 ローレンス

ここを訪れたのは、もう1年以上も前のことであるのに、
ほんのちょっと前のことだったような錯覚に陥る。

思い出すと、これほど濃厚な空気感のある喫茶店は珍しい。

金沢を訪れた際、絶対に行こうと決めていたのが、
この、純喫茶 ローレンスだった。

作家の五木寛之さんが常連だったらしい、その空間は、
そのビルの佇まいからして、異彩な空気を放っていて、
店に入る方にも、ちょっとした緊張を強いた。

いざ入ってみると、やはり、空気が違う。
上手く、言葉では言い表せないが、空間に色がついている感じ。

メニューは一応あるものの、「出来ません」という言葉を
いくつか聞いた。ここの店主も、とても個性的な魅力の人だった。

それでも、椅子に埋もれるようにして、じっと座っていると、
だんだんとその空間に受け入れてもらえるような気がした。

お会計をして、外への扉を開けるとき、世界が
よじれてしまうようなそんな錯覚をしたのは、表の世界の
明るい光に、立ちくらんでしまっただけではないだろう。

★住所:石川県金沢市片町2-8-18 
★TEL:076-231-1007

1085858_259260878.jpg

1085858_3204806095.jpg

1085858_2952041212.jpg

1085858_1921497601.jpg

1085858_3355932235.jpg

1085858_3952482695.jpg

1085858_3807051191.jpg

1085858_1676188926.jpg

1085858_956767786.jpg

1085858_1131177101.jpg

1085858_2137375925.jpg

1085858_3828574548.jpg

スポンサーサイト

PageTop

石川・金沢・珈琲館 禁煙室

店名にとてもひかれて、訪れたその喫茶店は、
特に禁煙でも、分煙でもなかった。

喫茶店は大好きだけれど、煙草はとても苦手なので、
ほんの少し、禁煙の喫茶店だったら、という願いもあったのだった。

しかし、そんなことは気にならないほど、店内はほどよく広く、
時間帯が良かったのか、先客は誰もいなかった。

一番奥の席で、しばらく、その喫茶らしい空間を楽しんだ。

帰り際に、どうしてその店名をつけたのか、聞こうと
思っていたのに、すっかり忘れてしまった。

★住所:石川県金沢市尾張町2-14-21
★TEL:076-232-1466

1085858_1841878066.jpg

1085858_2875750516.jpg

1085858_3968893017.jpg

1085858_1172870341.jpg

PageTop

石川県・金沢・チャペック

旅先で、早起きをした朝に、喫茶店で珈琲を
飲むのが、とても好きだ。

金沢を訪れたとき、活気ある市場を散策した。

その近くに、自家焙煎の喫茶店があると聞いて、
さっそく訪れてみた。

お店を探すのに、少し迷ってしまったが、
近くまで来たら、珈琲のいい匂いがしたので、
その匂いを辿っていったら、到着した。

お昼過ぎの、喫茶店は、
午前中の一仕事を終えた人で、混雑している。

美味しい珈琲と、しばしお休みの時間。
大きな窓から入る、あたたかい光がとてもよかった。

★住所:石川県金沢市十間町42
★TEL :076-232-2096

1085858_2909251702.jpg

1085858_1216914523.jpg

1085858_1958204401.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。