純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・西荻窪・珈琲 プロティア

有難いことに、ここのところ取材や撮影の依頼を受けることが
多くなってきている。その度に純喫茶について向き合えるのは楽しい。

だいたい質問の一つに含まれるのが「最も好きな純喫茶はどこか?」である。

毎回「うーん」と声に出してしまうほど、悩ましい質問だと思う。

聞かれた方によって、連れていきたい相手によって、その時の気分によって、
それはもう毎回答えが変わってしまうのである。言い換えれば、今までに訪れた
ほとんどの純喫茶を、その時々で好きだったということにもなる。

とはいえ、質問する側にとって、回答がないことは困ることだと思うので、
その時々で一番熱心に薦めたい純喫茶を思い浮かべるようにしている。

さて、話がそれたが、ここのところブログの更新は以前にも増して
マイペースになってしまっているが、ほぼ毎日のように純喫茶を訪れている。

綴っていない純喫茶が溜まっていく一方なので、自分への戒めのためにも
近々「訪問したが、まだこちらに綴っていない店」リストでも作成しようと思う。

すっかり数か月前のこととなってしまったが、ずっと気になっていた
西荻窪の純喫茶へ行くことが出来た。

こちらを知ったのは、向かい側にある美味しいタイ料理屋「ぷあん」に
何度か訪れる度に「珈琲」の文字が目に入っていたからだった。

しかし、いつも営業しているのを見たことがなく、ある日ふと思い立って
行ってみると、今までの静けさがまるで夢だったかのように普通に灯りが点いていた。

恐る恐る扉を開けてみると、穏やかそうな雰囲気の男性がカウンターの
椅子に腰掛けていた。唐突な訪問者は珍しいのだろうか。
一瞬怪訝な顔をされたように見えたが、珈琲を一杯良いかと尋ねると
にっこりと笑って、ぐるりとカウンター裏にまわった。

荷物はテーブル席に置いたが、ようやく訪問出来た興奮のせいか、
コンロに火をかけるマスターの前に行き、「ずっとこちらへ来たかったのです」と
告げた。「そう」と答えながらこちらに笑顔を向けて下さるマスター。

メニューは珈琲とトーストのみ、という潔さ。

幾つかの雑談をしながら、運ばれてきた珈琲を啜り、トーストを齧る。
「美味しい」とつい発してしまうトーストの味だった。

小ぶりで分厚いパンにしっかりとバターが染み込んでいる。
一口齧るとじゅわっと溶け出し、あっという間に食べ終わってしまった。

そのことをマスターに伝えると、少し照れたように笑いながら「そう?」と言った。
美味しさの秘密は、パンに入れられた切込みであるという。

今度、自宅でトーストを食べるときに真似をしてみようと思った。
きっとこちらで食べる美味しさには
叶わないことは分かっているけれど。

こちらの営業時間は夜19時頃まで。
仕事帰りにやって来るのには少し厳しい時間帯ではあるが、
マスターとのおしゃべりと忘れられないトーストを求めて、また訪れようと思う。

こうやって、誰かに教えたい好きな純喫茶が一つずつ増えていくのだ。

★住所:東京都杉並区西荻南2-25(曖昧です)
★TEL:

東京・西荻窪・プロティア1

東京・西荻窪・プロティア2

東京・西荻窪・プロティア3

東京・西荻窪・プロティア4

東京・西荻窪・プロティア5

東京・西荻窪・プロティア6

東京・西荻窪・プロティア7

東京・西荻窪・プロティア8

東京・西荻窪・プロティア9

東京・西荻窪・プロティア10

東京・西荻窪・プロティア11

東京・西荻窪・プロティア12

スポンサーサイト

PageTop

東京・荻窪・カフェ クレエル

今日まで(6/2)、ポストカードを展示させて頂いている
荻窪のカフェ、6次元さんへ寄る前に、気になっていた喫茶店で一休みした。

以前、天沼周辺を散策していたときに見つけたところで、
この周辺一帯は、昔ながらの商店街のようになっていて街自体も面白い。

クレエル、は、ことぶき商店街の中にある奥行きの広い喫茶店で、
ランチタイムには、本格的な洋食のメニューもあるらしい。

この日は、トースト(はちみつとジャムから選べる)とブレンド珈琲を。

カウンターから離れた席に座ってしまったので、珈琲を淹れている様子は
見えなかったのだが、一杯ずつサイフォンで淹れているらしい。

珈琲は少し酸味が強かったが、ちょうど良い温度で、飲みやすい。

時間帯のせいか、店内は静かで、非常に落ち着く空間だった。
訪れた日は、雨降りだったのだが、そんな夕方にぴったりの喫茶店だと思った。

★住所:東京都杉並区天沼3-30-2
★TEL:03-3392-2222

カフェクレエル1

カフェクレエル2

カフェクレエル3

カフェクレエル4

カフェクレエル5

カフェクレエル6

カフェクレエル7

カフェクレエル8

カフェクレエル9

カフェクレエル10

カフェクレエル11

カフェクレエル12

カフェクレエル13

PageTop

東京・荻窪・COFFEE MOTO

とても嬉しい出来事があった夜に、ここへ立ち寄った。

二階にある喫茶店、というのは外から様子が見えないので、
階段を上がる間も、想像で楽しめるのが良い。

ここは、一階から見上げたときに、窓に書かれた店名の文字や
白いレースのカーテンの感じが良かったので、期待していた。

入り口は小さく、カウンター席しかないように見えたが、
奥を覗くとテーブル席も3つほどあったので、安心した。

店のマダムは、常連らしき女性と歓談中だったが、こちらの姿を確認すると
すぐに笑顔で、奥に通してくれた。机の上には、カーネーションの鉢。

アイスコーヒーを注文して待っていると、マダムがテレビを消しにやってきた。
「気にしませんよ」と言うと、「そう?」と笑顔で応えてそのままカウンターへ戻った。

喫茶店で、時間を過ごすとき、そこが無音であっても、音楽が流れていても、
テレビが点いていても、あまり気にならない。名曲喫茶、では耳を傾けるが。

窓の向こう側に見える夜の灯りを見ると、人々がそれぞれ生活しているのを
実感して、いつも感傷的な気分になってしまう。

この日は雨降りだったが、帰る頃にはちょうど良く上がっていたので、
すっかり傘のことを忘れてしまっていた。駅に向かう途中、そのことに気がつき、
慌てて取りに戻ると、マダムはニコニコと「良かった」と言って、傘を手渡してくれた。

お礼を言って、もう一度店を出る。
そのときに目に入った、カウンターに積まれた檸檬の黄色が、とても綺麗だった。

★住所:
★TEL:

MOTO1

MOTO2

MOTO3

MOTO4

MOTO5

MOTO6

MOTO7

PageTop

東京・西荻窪・POT

西荻窪の、駅からすぐのある一角は、好きな喫茶店が2つ、
向かい合ってそこにあるので、いつもどちらに入ろうか迷う。

赤いポットのマークがよく目立つその喫茶店は、
教会にありそうな椅子が、とてもかわいらしい。

にこやかにおしゃべりをしてくれる店主と、中央線に関する
会話を楽しみながら、冷たいカフェオレを飲んだ。

1つ1つ個性のある喫茶店に共通するのは、たいてい
このあたたかさである。

チェーンの珈琲店も利用するが、なんとなく、
人の気配を感じたいとき、話しても話さなくても、
そこにいる誰かに勝手に安心したりする。

ここは、シフォンケーキも美味しい。
次回は、オムライスも注文してみたい。

★住所:東京都杉並区西荻北3-22-17
★TEL:03-3396-3065

f776.jpg

d0ba.jpg

f10c.jpg

14b5.jpg

b5be.jpg

cf09.jpg

PageTop

東京・荻窪・邪宗門 荻窪店

国立に本店がある「邪宗門」は、そのお店の
のれん分け?という形で、都内や鎌倉、全国に数軒ある。

荻窪の、駅から少し歩いた、あまりにもひっそりとした
商店街の中にも、1つある。

私は、ここがとても好きで、マスターのセンスの良さが光る入口や、
こじんまりとしすぎている一階や、急な階段や、
中野のクラシックを思い出させるような、埃っぽいインテリアが
たまらなくいいのである。

ここでも、お気に入りの席は、商店街を見下ろせる窓際の席。

急な階段を、何度も上り下りしている高齢のマダムの
心配をしながら、冷たいアイスコーヒーを注文する。

時間の合っていない柱時計が、店内にはたくさんあって、
きっと当時は高価だったであろうと分かるスピーカーなども
何気なく置かれて埃をかぶっている。

隅々まで良く見ると、とても貴重な喫茶店なのに、
そこにいる人たちは何食わぬ顔で、日常の一コマを
過ごすためだけにいる、という感じが、ここではとてもいい。

★住所:東京都杉並区上荻1-6-11
★TEL:03-3398-3411

東京・荻窪・邪宗門1

東京・荻窪・邪宗門2

東京・荻窪・邪宗門4

東京・荻窪・邪宗門5

東京・荻窪・邪宗門3

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。