純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・巣鴨・珈琲専門館 伯爵

先日、六本木の「カフェ・ド・巴里」の閉店にまつわる話を書いたが、
姉妹店である巣鴨の伯爵はまだ健在なのか、と気になり調べてみたところ、
営業しているようで安心したと同時に、まだここへ綴っていなかったことを
思い出した。(池袋 北口店の記事はこちら → 「珈琲専門館 伯爵 池袋 北口店」 )

写真の詳細を見てみると、訪れたのは2009年のことで、記憶が少し曖昧な点は
どうかご了承いただきたい。この時期は、伯爵の池袋 北口店に行くなど、姉妹店を
全て制覇しようと思っていたのだが、時は過ぎ、練馬店も今ではもう無くなったようだ。

伯爵 巣鴨店もその界隈では一際目立つ外観をしていて、華やかな雰囲気は
他店にひけを取っていなかった。時間帯のせいか、広い店内の割りに人が少なかったため、
六本木店や池袋店の賑わいに比べ、ゆっくりと過ごすことが出来た。

とはいえ、初回の訪問ではここは落ち着ける喫茶店ではない、と思う。良い意味で。
純喫茶好きの目を惹くインテリアが所々に散りばめられていて、
トイレすら鑑賞の対象となり、観察をするのに忙しいからだ。

メニューには、今までに見たことのない「カステラセット」が。
生ケーキもメニューにはあったように思うが、テーブル上に置かれた小さなメニューでも
一押しされているのはカステラ。これは場所が巣鴨であるゆえの個性だろうか。

頼んだつもりでいたが、珈琲の写真しか見当たらなかったのでまた次回の楽しみに。
ここは入り口が二つで、小ぢんまりとした道路に面した側と白山通りに面した側が
あったように思う。珈琲を片手に、人の流れを眺められる喫茶店は無条件で好きだ。

元々当ブログでは、訪問した時期が時系列毎にはなっておらず、数年後に記すことも
あるのだが、写真を見た瞬間に、忘れていたはずの色々なことを思い出すので面白い。
ちょっと感傷的な気持ちになって、胸が詰まることも多々ある。

今日も何でもない日常を珈琲の匂いと一緒にいつか思い出せるように、喫茶店へ出掛ける。

★住所:東京都豊島区巣鴨1-12-3
★TEL:03-3947-7855

巣鴨・伯爵1

巣鴨・伯爵2

巣鴨・伯爵3

巣鴨・伯爵4

巣鴨・伯爵5

巣鴨・伯爵6

巣鴨・伯爵7

巣鴨・伯爵8

巣鴨・伯爵9

巣鴨・伯爵10

巣鴨・伯爵11

巣鴨・伯爵12

巣鴨・伯爵13

巣鴨・伯爵14

巣鴨・伯爵15

巣鴨・伯爵16

巣鴨・伯爵17

巣鴨・伯爵18

巣鴨・伯爵19

巣鴨・伯爵20

巣鴨・伯爵21

スポンサーサイト

PageTop

東京・巣鴨・Coffee House スカイ

良く晴れた鮮やかな色の空を、敢えてモノクロで撮るような日に
巣鴨を散策していて、たどり着いたのがこの喫茶店だった。

その存在は随分前から知っていたが、閉店時間が思ったよりも早く、
なかなか入れずにいたので、この日は少しだけ夕方を急いだ。

看板に飛ぶ蝶と四つ葉の可愛らしさにまず目を惹かれ、入り口に続く階段や
店内の壁にも飾られている色々をついあちこちときょろきょろ眺めてしまう。

椅子は赤いベロアの布地が敷かれ、座り心地が良かった。

ふと横を見ると、隣の席との仕切りのガラスには潜水士のような絵柄が。
店名が「スカイ」であるから、実際には飛行士だったのだろう、とは後で気が付く。
(この時は、隣の席にも人がいらっしゃったので撮影出来ず、断念)

多々あるメニューの中で少し迷ったあげく、無難にアイスコーヒーを注文する。
運ばれてきたそれを一口飲んだ時、いつも通りの味にどこかほっとした。

どこかそわそわしていた心が溶けるように落ち着いていく。
当たり前とは有難いことだと思う。

閉店間際までのんびりさせていただき、地上への階段を上がる。
外はもうすっかり暗くて、しかし商店街の灯りがまだ眩しく、
通る人は皆笑っていて、そのことに何故かほっとして駅へ急いだ。

★住所:東京都豊島区巣鴨3-21-16
★TEL:03-3917-8355

巣鴨・スカイ1

巣鴨・スカイ2

巣鴨・スカイ3

巣鴨・スカイ4

巣鴨・スカイ5

巣鴨・スカイ6

巣鴨・スカイ7

巣鴨・スカイ8

巣鴨・スカイ9

巣鴨・スカイ10

巣鴨・スカイ11

巣鴨・スカイ12

PageTop

東京・白山・珈琲専門店 ペガサス

目の端で喫茶店を探しながら散策をしているときに、こういう店が視界に入ると
とても嬉しい。思わず、駆け寄りたくなる衝動を抑えてじっと近付く。
まずは、少し遠めに外観を眺めて、それから中の様子を覗く。

大抵の場合、どんな様子でも「喫茶」や「珈琲」の文字があれば扉を開けるのだが、
やはり良い雰囲気の喫茶店に出会えたときは、喜びも大きい。

ペガサスは、椅子のシートの色がとても好みだった。部屋にあったらどんなだろう、
と、いつものように勝手な想像をする。実際、椅子がとても好きですでに部屋には
何脚もいろんな用途で置かれているので、もうこれ以上は置くことは出来ないのだが。

運ばれてきたカップは、綺麗なバラの花の模様。

看板に「珈琲専門店」とあるのに、この日頼んだのはスパイスミルクティー。
すでに何杯かの珈琲を飲んだ後だったこともあり、申し訳ないながらもこの注文。

次回は、必ずブレンド珈琲を飲もう。暑い季節を通り過ぎた頃に。

★住所:東京都文京区白山5-1-3
★TEL:03-3811-7768

白山・ペガサス1

白山・ペガサス2

白山・ペガサス3

白山・ペガサス4

白山・ペガサス5

白山・ペガサス6

白山・ペガサス7

白山・ペガサス8

PageTop

東京・白山・珈琲 ケニヤン

少し前に散策をした白山のことの続きを。

喫茶店というものは、だいたい駅の周辺に多いものであるが、
白山駅の場合は、特に密集しているように思う。

初めて訪れたときは、一度に三軒の喫茶店の看板が目に入り、
どこで珈琲を飲もうか真剣に悩んだほどだった。

結局、順番は違えどそのうちの二軒をはしごし(以前書いた「サム」)、
「映画館」は次回の楽しみに残しておくことにした。

サム、も素晴らしかったが、ケニヤンの店内に入ったときはあまりに
好みだったので、思わず鳥肌が立ってしまったほどだ。

珈琲もピザトーストも美味しく、盛られてきた器は美しく、
店内は古いながらも整然としていて、奥の席には中庭(というと大げさか)
があり、何よりも一見ぶっきらぼうに見えてあたたかそうなマスターが
とても印象的であった。またすぐにここへ行きたい。

そう思っていて日ばかりが過ぎるが、行きたい場所があるというのは幸せなことだ。

★住所:東京都文京区白山1-33-25
★TEL:03-3816-4364

白山・ケニヤン1

白山・ケニヤン2

白山・ケニヤン3

白山・ケニヤン4

白山・ケニヤン5

白山・ケニヤン6

白山・ケニヤン7

白山・ケニヤン8

白山・ケニヤン9

白山・ケニヤン10

白山・ケニヤン11

PageTop

東京・白山・珈琲 サム

白山駅を地上に出てすぐのところにある、喫茶店 サムのこと。

一度目に訪れたときは、もう灯りが消えていてあまりにもひっそりと
していたので、もう営業はしていないのかもしれない、とさえ思った。

しかし、しばらくしてもう一度訪れてみると、静かではあるものの
白いレースのカーテン越しにあたたかい光が点っているのが見えた。

妖しく光る緑色の看板もとても良い。中を覗くと高齢の女性が二人。
にこにこと笑いながら、珈琲を飲んでいる。何だか安心して入り口付近の席に座る。

飲み物が運ばれてくるまでの間、机に貼られたメニューを眺めながら
先客の二人の会話をそっと聞く。どうやら春の話をしているみたいだ。

何処の桜が綺麗、とかあの店のご飯が美味しい、とか。
もう少しあたたかくなって、次の季節が来たら、一緒に桜を見に行こうという約束も。

違うテーブルの隅っこから勝手にそれを聞いていた私は、心がじんわりとあたたかくなった。

少し先の約束というのはとてもいい。それが、好きな人たちとのもので、明るいものなら尚更。
今年も綺麗な桜が咲きますように、雨ですぐに散ってしまわないように、そんなことを願う。

ぽってりとしたカップになみなみと注がれた熱いココアは、いつもよりも甘い。

★住所:
★TEL:

白山・サム1

白山・サム2

白山・サム3

白山・サム4

白山・サム5

白山・サム6

白山・サム7

白山・サム8

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。