純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【閉店】東京・池袋・耕路

こちらのブログを始めたおかげで、自分がなかなか行くことの
出来ない地域の喫茶店の閉店情報を、有難くも頂くことが増えた。

東京都内の純喫茶には多数足を運んでいるつもりでいるが、それでも
生活や勤務地の範囲から遠くなるにつれて、どうしても行く回数は減ってしまう。

大きな駅で言うと、池袋がそうだ。

渋谷、新宿、で用事を済ませてしまうことが多く、その先の池袋まで行くのは
多くて年に2、3回だった。今年に入ってからは今回が初めてだったように思う。

東口の大きな通りを渡って、すぐの小道にある純喫茶「耕路」のことは知っていた。
しかし、いつもちらりと見ては通り過ぎてしまい、そこでひと休みをしたことがなかった。

ここのところ、何人かの方に「耕路が3月末で閉店するそうだ」というご連絡を頂いていたが、
なかなか赴く時間もなく、閉店まで残り3日というところまで来てしまった。

その日は土曜日で、偶々出勤だったので三越前にいた。
乗換案内を見てみると、池袋までは20分少々で行けるとのことだったので駅へ向かう。

池袋があまり得意ではないのは、方向音痴である自分にとって駅の中が複雑であること、
いつ訪れても沢山の人の波に溺れてしまい、思うように進めないからだと思う。

この時ばかりは、徒歩数分の純喫茶を目指して真っすぐに進む。

何度か見掛けたことのある看板を目にしてほっとした。
こんなにも当たり前のようにこの風景に馴染んでいるというのに、閉店してしまうのだ。

ガラスケースの中に並べられているメニューサンプルを一通り眺めてから扉を開けた。

いらっしゃいませ、と元気の良い声に迎えられ、ぐるりと見渡すも、一階席は満席の
ようだったので、階段を指差し、二階へ上がる。二人掛けの小さな席を見つけ、そこへ座る。

二階席もほぼ満席で、奥のほうではこちらの店の閉店を惜しんで集まったであろう集団もいた。
馴染みの店がなくなってしまう寂しさを思いながら、メニューを眺める。

珈琲だけのはずが、美味しそうな写真につられてプリンも注文してしまった。
運ばれてきた水のグラスと紙おしぼりの載せられたトレイの色が同じで綺麗だ。

珈琲が来るまでの間、ぼんやりとした。
日常を過ごす人、閉店を惜しむ人、沢山の想いが特にこの数日間は溢れているのだろう。

店員のにこやかな笑顔と共に運べてきたプリンは正統派で、いつまでも眺めていたくなったが、
スプーンを入れると程良く固く、きちんと卵の味がしてとても美味しかった。

帰り際に、マッチ箱とコースターと紙ナプキンを頂いた。
どちらも店名が印刷されているオリジナルの素敵なデザインのものだ。

今まで訪問出来ず、最後に一度訪れただけだったが、また一つ街から純喫茶が消えてしまう
ことを寂しく思う。店を出てから再度振り返り、その風景を目に焼き付けた。

★住所:東京都豊島区南池袋1-22-8

(2014年3月31日 閉店)

東京・池袋・耕路1

東京・池袋・耕路2

東京・池袋・耕路3

東京・池袋・耕路4

東京・池袋・耕路5

東京・池袋・耕路6

東京・池袋・耕路7

東京・池袋・耕路8

東京・池袋・耕路9

東京・池袋・耕路10

東京・池袋・耕路11

東京・池袋・耕路12

東京・池袋・耕路13

東京・池袋・耕路14

東京・池袋・耕路15

東京・池袋・耕路16

東京・池袋・耕路17

東京・池袋・耕路18

東京・池袋・耕路19

東京・池袋・耕路20

東京・池袋・耕路21

東京・池袋・耕路22

東京・池袋・耕路23

東京・池袋・耕路24

東京・池袋・耕路25

東京・池袋・耕路26

スポンサーサイト

PageTop

東京・江古田・珈琲 林檎

先日、所用があり、西武池袋線の江古田で下車した。

「大学のある街は、良い純喫茶が多い」というのは今までの
経験からも分かっていて、こちらも期待を裏切らない街だった。

早朝だったため、まだシャッターの下りている商店街や市場通りを
抜け、昼になった頃、戻ってきたら大変賑わった様子を見ることが出来た。

目当てだった「モカ」や「Toki」は営業しておらず、「サントス」は
新しい住宅が建てられていてその姿も見ることが出来なかったが、帰り際に
ふらりと寄った「珈琲 林檎」も居心地の良い喫茶店だった。

緑に覆われた入り口からは中の様子が見えず、少し不安になったが、
珈琲が飲みたかったので扉を開ける。カウンター席と平行して縦に長い空間だ。

手前の小さな席に座ろうと思ったが、ママが「一番奥の広い席をどうぞ」と
薦めて下さったのでそちらに腰を下ろす。テーブルの上には、店名通り
林檎を模したつやつやとした置物(ペーパーウェイトだろうか)がある。

メニュー表も丸く切り取られていて可愛らしい。この日のケーキを尋ねると
チーズケーキだということだったのでブレンドコーヒーとのセットをお願いした。

一杯ずつ丁寧に淹れてくれているようで、すぐに良い匂いが漂ってきた。
運ばれてきた珈琲は苦味が強く、チーズケーキも濃厚で、どちらも美味しい。

そして、この店を気に入ってしまった最大の理由といえば、入り口近くにある
本棚に囲まれた小さな図書館のような席だ。様々な種類の本が並べられていて
日当たりも良く、許されるのなら何時間でもここで過ごせてしまえそうだった。

この日訪れることの出来なかった純喫茶へも再訪したいものだし、また春の日にでも
電車にゆらゆらと揺られてここでのんびりと過ごしたい、と思った。

★住所:東京都練馬区栄町39-1
★TEL:03-3991-4104

東京・江古田・珈琲 林檎1

東京・江古田・珈琲 林檎2

東京・江古田・珈琲 林檎3

東京・江古田・珈琲 林檎4

東京・江古田・珈琲 林檎5

東京・江古田・珈琲 林檎6

東京・江古田・珈琲 林檎7

東京・江古田・珈琲 林檎8

東京・江古田・珈琲 林檎9

東京・江古田・珈琲 林檎10

東京・江古田・珈琲 林檎11

東京・江古田・珈琲 林檎12

PageTop

東京・池袋・戸論戸(トロント)

階段の下から入り口の扉に至るまで、大分個性的な喫茶店であった。

メニューの説明や店名を表す看板が、どこを見てもぎっしりと置いてあって、
喫茶店好きとしては、店に辿り着くまで一つ一つ眺めながら階段を上がれるので楽しい。

しかし、この様子では店内もさぞかし奇抜であろう、と少し覚悟して扉を開けたが、
予想に反してシンプルで昔ながらの正統派の喫茶店だったので驚いた。

カウンターにずらりと並んでいる濃い群青の椅子が気に入って、それを眺めていると
マスターが「気に入っているので一度色を塗り直してずっと使っている」という事を教えてくれた。
古いものが大切に使われているのも、昔ながらの喫茶店の良いところだ。

いくつかマスターと言葉を交わし、後は窓の外を見ていた。
二階にある喫茶店が昔から好きだ。

マスターがくれたチョコレイトをゆっくりと溶かしながら、
ここの窓から眺めていた豊島区役所の薄い緑色の建物が何故か記憶に強く残っている。

★住所:東京都豊島区東池袋1-39-1 三善ビル2F
★TEL:03-3985-9819

池袋・戸論戸1

池袋・戸論戸2

池袋・戸論戸3

池袋・戸論戸4

池袋・戸論戸5

池袋・戸論戸6

池袋・戸論戸7

池袋・戸論戸8

池袋・戸論戸9

池袋・戸論戸10

池袋・戸論戸11

池袋・戸論戸12

池袋・戸論戸13

PageTop

東京・池袋・珈琲 ささい【閉店】

今までは一年に数えるほどしか降りることのなかった池袋駅に、
最近はなぜだか縁があって、立て続けに訪れている。

駅の周辺の賑わいに、少し苦手意識があったのだが、離れてしまうと、
とても良い感じの路地や建物、商店街なども見つけることが出来て、
あっという間に散策するのが楽しくなった。

そんな中で見つけた喫茶店のうちの一つの話。

遠くからでもはっきり見える「珈琲」の文字に、思わず急ぎ足になる。
灯りを確認し、珈琲を飲むことが出来そうなことが分かったのでほっとした。

窓際に白いレースのカーテンがかかっている喫茶店が昔から好きなのだ。

外観のレンガ色から想像するよりずっと、内装は綺麗でさっぱりとしていたが、
テーブルの上に置かれたシュガーポットの銅色などが期待通りで嬉しくなる。

少し曇った大きな道路を見渡せる窓際の席に腰を下ろし、
珈琲とホットケーキをお願いした。目の端では絶え間なく車が流れていく。

しばらく寛いだ後、手を洗いに向かうと、壁には水谷豊氏の写真とサインが
飾られてあった。どうやら映画かドラマの撮影の一コマにここが使われているらしい。

テレビの無い生活をしているので見ることは出来ないが、喫茶店の出てくる
シーンを勝手に想像して、少し楽しくなって店を出て、また散策を続けた。

★住所:東京都豊島区池袋2-72-8
★TEL:

(閉店時期 未確認)

池袋・ささい1

池袋・ささい2

池袋・ささい3

池袋・ささい4

池袋・ささい5

池袋・ささい6

池袋・ささい7

池袋・ささい8

池袋・ささい9

池袋・ささい10

池袋・ささい11

池袋・ささい12

PageTop

東京・池袋・珈琲専門館 伯爵 北口店

池袋は、ほとんど行く機会のない土地だが、魅惑的な喫茶店が多いと聞いている。
長年気になっていた「純喫茶 蔵王」は残念ながら訪れる前に閉店してしまった。

先日、新大塚へ行った帰り道、ふと思いついて池袋まで歩いてみた。
途中の道程は、坂道の階段があったり、良い意味で少し淋しい感じの商店街があったりと
全く飽きる暇もなく、あっという間に池袋まで到着してしまった。

目指したのは、24時間営業のゴージャスな喫茶店、珈琲 伯爵。
池袋には、2店舗あるのでどちらに行こうかと迷ったが、今回は北口店にした。

入り口からして、想像を裏切らない煌びやかさ。一見無駄なように見えるほど
過剰な装飾が今となっては新しい。喫茶店に通い始めた当初の気持ちを
一瞬にして思い出させてくれる空間だ。

駅前だからか、皆この豪華な感じに魅かれてやって来るのか店内はとても混みあっていた。
どうにか端のほうの席を見つけて、一息つく。メニューを眺めて、ソーダ水をお願いした。

鮮やか過ぎる緑色の甘い飲み物を飲みながら、シャンデリアやステンドグラスを眺めた。

少々煙草の匂いが強すぎるが、この空間はとても好みだと思った。
六本木にあるカフェ・ド・巴里と良く似ていると思っていたら、やはり系列店だった。

普段なかなか行くことの少ない池袋と六本木に、喫茶店のためにだけ出かけようと思っている。
早速、伯爵 巣鴨店には先日行ってきた。こちらは、落ち着いていてとても良かった。
その話は、また後日に。

★住所:東京都豊島区西池袋1-29-1
★TEL:03-3988-4997

池袋・伯爵1

池袋・伯爵2

池袋・伯爵3

池袋・伯爵4

池袋・伯爵5

池袋・伯爵6

池袋・伯爵7

池袋・伯爵8

池袋・伯爵9

池袋・伯爵10

池袋・伯爵11

池袋・伯爵12

池袋・伯爵13

池袋・伯爵14

池袋・伯爵15

池袋・伯爵16

池袋・伯爵17

池袋・伯爵18

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。