純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・五反田・グリルエフ

久しぶりに洋食店の話も。

先日、友人と会うことになり、何が食べたいかを尋ねたら
「ハンバーグが食べたい」という答えが返ってきた。

店を決めるのは大抵私の役目で、私は毎回そのことを楽しんでいる。

結局、直前になって五反田の、駅前なのに路地裏のような一角にある
この洋食屋を思い出し、その素敵な外観と老舗であるらしいことを伝えて、
ここで会うことになった。

料理は、ハヤシライスが有名なようだったが、この日はハヤシライスも
ハンバーグも頼まず、かにクリームコロッケとビーフシチューにした。

料理も美味しかったが、何よりも店内の様子を見られたことで私はすっかり
興奮してしまい、それで頭がいっぱいになってしまった。

あの独特の静寂な空間と、時代を経た建物独特の雰囲気がとても好みだった。
この日はあいにくの雨だったが、そのしっとりとした空気がますます素敵にさせた。

ここがもし、喫茶店だったら、という空想を頭の隅で膨らませながら楽しい時間を過ごした。

★住所:東京都品川区東五反田1-13-9 
★TEL:03-3441-2902

五反田・グリルエフ1

五反田・グリルエフ2

五反田・グリルエフ3

五反田・グリルエフ4

五反田・グリルエフ5

五反田・グリルエフ6

五反田・グリルエフ7

五反田・グリルエフ8

五反田・グリルエフ9

五反田・グリルエフ10

五反田・グリルエフ11

五反田・グリルエフ12

五反田・グリルエフ13

スポンサーサイト

PageTop

東京・浅草・フジキッチン

浅草の雷門を抜けて、いつ通っても賑やかな仲見世を
そっと横にそれると、そこはひっそりと昔のままの趣を残している。

終戦後から続いているという、老舗の洋食屋、フジキッチンは、
そのハイカラな外観も手伝って、通るたびに私の気をひいた。

ガラスの扉の向こうに見える店内は、いつも混雑していて、
あたたかそうな照明の光とカウンターの丸みを帯びた椅子に
魅かれつつも、何となく入れないまま、何年も過ぎていってしまった。

しかし、ある日、ふと思いついて、ここで夕飯を食べることにした。

夕方のまだ早い時間に訪れたため、他には誰もいなく、
窓際の角の席に通してもらい、ゆったりと食事をすることが出来た。

名物のシチューは、2500円で一見高価だが、一口食べてみると、
その肉の柔らかさや、デミグラスソースの濃厚さに納得した。

店の主人やその夫人の佇まいも、とても優雅で、食べ終わる頃には
すっかり浅草の街の喧騒を忘れてしまいそうだった。

★住所:東京都台東区浅草1-20-2
★TEL:03-3841-6531

フジキッチン1

フジキッチン2

フジキッチン3

フジキッチン4

フジキッチン5

フジキッチン6

フジキッチン7

フジキッチン8

フジキッチン9

フジキッチン10

フジキッチン11

フジキッチン12

PageTop

東京・武蔵小山・ピーコック

以前、ここで記した、珈琲太郎、というお気に入りの
喫茶店の入っている古いビルには、レトロな洋食屋も並ぶ。

名前は、ピーコック。看板には、小さく、ファミリーレストラン、とある。

大きなガラスケースに入ったメニューのサンプルは、
かなり年季が入っていて、色褪せてしまっているが、
そこから当時の様子を想像するのも面白い。

何を食べようか、と考えながら店の中に入る。迷いつつも、
こういうところでは、どうしてもハンバーグが食べたくなってしまう。

店内は、古いながらも丁寧に扱われてきた様子が分かった。
大きな窓に、泳ぐ色とりどりの魚のシールが懐かしい。

しばらくして、じゅうじゅうと音をたてた熱そうな牛の形の鉄板に、
美味しそうなハンバーグが乗せられて運ばれてきた。

手作りの味が嬉しい。

ふらりと入って、とても嬉しくなる気持ちで帰れる街の洋食屋は、
チェーンの店とはまた違った、重要な価値を持っている。

★住所:東京都品川区荏原3-5-4 東急ストア2F
★TEL:03-3781-5476

ピーコック1

ピーコック2

ピーコック3

ピーコック4

ピーコック5

ピーコック6

ピーコック7

ピーコック8

ピーコック9

ピーコック10

ピーコック11

ピーコック12

ピーコック13

ピーコック14

ピーコック15

ピーコック16

ピーコック17

PageTop

東京・大井町・洋食 ブルドック

洋食屋さんに、「ブルドック」という店名が多いのはなぜか。

少し調べてみたが、真相はまだ分からないままだ。

大井町駅の、東口を出て、昭和のままで時間が止まっている
路地裏には、飲み屋やごはん処が、ひしめきあって並んでいて、
そこをまっすぐ行ったところに、「大井町一 うまい やすい」店がある。

薄暗い路地の明かりの印象も手伝って、少しさみしい雰囲気だが、
中へ一歩入ると、そこは、賑やかで、活気にあふれている。

次から次へと入ってくる人々、キッチンの中から運ばれてくる料理。

メニューを見ると、街の洋食屋にしては少し高いような気がしたが、
それがまったくの間違いだったことは、運ばれてきた料理を見て
一瞬にして、分かった。

と、いうのは、どの料理も目を疑うほど、量が多い。

メンチカツは、ラグビーボールのようだし、ナポリタンは、
おおげさな食品サンプルのようだ。それだけで、笑顔になってしまう。

白いごはんの量も、普通よりずっと多い。
しかし、満腹になりながらも、どんどんと箸が進んでしまって、
いつの間にか完食していた。

周りを見ていると、どの料理も美味しそうだったので、
時間をかけて、全部のメニューを食べに来よう、と決めた。

★住所:東京都品川区東大井5-4-13
★TEL:03-3471-6709

5d6b.jpg

955d.jpg

401a.jpg

3a8f.jpg

3ac8.jpg

9d54.jpg

c713.jpg

7be0.jpg

776e.jpg

4f64.jpg

632c.jpg

9601.jpg

2b4e.jpg

fcc4.jpg


PageTop

東京・武蔵小山・洋食 さんばん

テーブル席が4つだけの、こじんまりとした洋食屋さんは、
目黒線、武蔵小山駅のすぐ近くに、ずっと昔からある。

メンチカツが食べたくて、懐かしい花のシールが貼られた
使い込まれた扉を開ける。

きちんとコック帽をかぶったマスターが、透明の仕切りの向こうで、
何やら忙しそう。注文を取りに来てくれる女性も、きびきびと
動いていて、とても気持ちがいい。

テレビの音に、ぼんやりと耳を傾けていると、メンチカツが
運ばれてきた。上にのっているゆで卵の輪切りがかわいらしい。

衣はさくっと揚がっていて、とても美味しかった。値段も安い。

初回は、緊張してしまったが、これからはまるで日常のように、
ここの扉を開けて、ごはんを食べて帰りたい。

近くのテーブルの人が注文した、ドライカレーもとても美味しそうだった。

★住所:東京都品川区小山4-3-14
★TEL:03-3787-8033

7e31.jpg

b93b.jpg

9d5f.jpg

868f.jpg

3ea1.jpg

af52.jpg

e50d.jpg

76e0.jpg

5f1a.jpg

b828.jpg

bb7d.jpg

be11.jpg

4137.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。