純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・浅草橋・喫茶 瀬羅夢(セラム)

店名は「セラム」と読む。

珍しい名前だ、と思っていると元気の良いママが「若い頃、煙草を
吸っていてその銘柄が『セーラム』だったの。」と教えてくれた。

以前、高齢の方が後ろから「ムラセ」と読み、「ムラセさんがやっているから
そういう店名なのかと思ったよ」と言われたこともあるそうだ。

土曜日の夕方の浅草橋周辺は少し寂しい。季節のせいもあるのか、
暗くなり始めた頃には、すっかり店も閉まってしまい、見つけた幾つかの
めぼしい純喫茶にもシャッターが下りていた。

そんな中、灯りが点っていたここを見つけて迷い無く扉を開けた。

すると、緑色のバンダナを頭に巻いたママが「ようこそ!良く来てくれたわね」と
盛大に出迎えて下さった。最初はその勢いに圧倒されつつも、席に腰を下ろす。

冷たい珈琲を注文し、外観の写真を撮らせて頂くため、外へ一度出ると、
テーブルには置かれた珈琲を飲みながら、カウンターの向こう側のママと話した。

以前こちらを訪れた方がブログか何かに書いた記事を印刷したものを取り出し、
「入るのが怖いって書かれているけど、愉快な店なのよー。」と豪快に笑う。

確かに看板には「喫茶」とあるが、私も喫茶店巡りを始めたばかりの頃だったら
躊躇して何度も何度も店の前を通り過ぎていただろう。

今となっては飛び付きたくなる程の魅力的な外観、内装、ママのキャラクターだが。

ママのお喋りは止まることなく続き、色々と面白い話を聞かせて下さった。

もう40数年の古い建物だというのに大地震の時にはほとんど揺れなかったこと、
その時はお客さんをとりあえず外に出して、ママは店内にいたということ。

その時の気持ちを「だって船長さんも何かあったら最後まで船を守るでしょう?」
と例えた話、ランチ時にはテーブルの上に大皿料理をバイキング方式で出している話・・・。

1時間も居なかったと思うのだが、ここにいると良い意味で時間が分からなくなるのだ。
店内は柔らかい橙色の灯りに包まれていて、レース越しの外はもう真っ暗だった。

閉店時間をとっくに過ぎているのに「今日はいいのよー。」と言うママに「また来ます」と
御礼を言って店を出る。「沢山の人に来て欲しいわ。ランチも美味しいんだから。」と
また豪快に笑ったママの顔を見て、私も沢山の方にここを目指して欲しいと願う。

★住所:東京都台東区浅草橋4-9-9
★TEL:03-3861-9768

浅草橋・瀬羅夢1

浅草橋・瀬羅夢2

浅草橋・瀬羅夢3

浅草橋・瀬羅夢4

浅草橋・瀬羅夢5

浅草橋・瀬羅夢6

浅草橋・瀬羅夢7

浅草橋・瀬羅夢8

浅草橋・瀬羅夢9

浅草橋・瀬羅夢10

浅草橋・瀬羅夢11

浅草橋・瀬羅夢12

浅草橋・瀬羅夢13

浅草橋・瀬羅夢14

スポンサーサイト

PageTop

東京・浅草・デンキヤホール

週末は近所で祭りがあったようで、遠くから聞こえる祭囃子をぼんやりと聞いていた。
そうしたらむしょうに浅草に行きたくなった。

空気の紅いとても好きな街。
何度歩いても、新鮮で懐かしくて、以前は週に一度は訪れていたほど。

この喫茶店へ来るのは二回目のことで、そのどちらもが夏だった。
少し切ないような思い出を含む「青い夏」に。

創業100年のここでは、名物のゆで小豆を薦められ、注文する人が多い。

壁に貼ってあったかき氷のメニューも気になったが、小豆入りのミルクをお願いした。
上にたっぷりとのっていた生クリームは少し甘かったが、塩気の効いた小豆が美味しい。

本棚から数冊の漫画を持ってきて、ゲーム台の上に置き、しばらくはのんびりと過ごした。

9月になってもなかなか終わらない夏の中で、少し前の夏を想う。

★住所:東京都台東区浅草4-20-3
★TEL:03-3875-2987

浅草・デンキヤホール1

浅草・デンキヤホール2

浅草・デンキヤホール3

浅草・デンキヤホール4

浅草・デンキヤホール5

浅草・デンキヤホール6

PageTop

東京・東向島・珊瑚

誰かに、特技は何か、と尋ねられたなら、今まではうーんと
深く考え込んでしまっていたものだが、最近では、
喫茶店の看板を見つける速度や、街にこぼれる「珈琲」という
文字をもらさずに見つけられることではないか、と思っている。

そんなことを得意に思ってもあまり役には立たないかもしれないが、
少なくとも自分の毎日をだいぶ幸せにすることに貢献しているので、
これはこれで良いのかもしれない。

最近、ますます素敵な喫茶店に出会う確率が高い。
こういうのもタイミングがあるのだろうか。
同じ場所を歩いていても、以前は全く目に入らなかった景色が
嘘のように違う風景に見えたり、新しい何かを発見したり。

東向島も訪問回数の多い街だが、この喫茶店を見つけたのは
まだごく最近のことである。

海にまつわる店名の喫茶店は、今までどこも素晴らしかったので
(今は無き御徒町の渚や東向島のマリーンなど)、今回も
期待を寄せて扉を開ける。すると入り口から打ち抜かれてしまった。

またもやここへ通うためだけに電車に乗るような、そんな素敵な
空間がそこには広がっていた。深い緑色のビロードのソファが心地良い。

壁一面に飾られた銅版のレリーフや、窓から射し込む光の量や、
白い砂糖とコーヒーシュガーの入れられたぽってりとしたガラスの容器や、
おしぼりの載せられてきた透明のトレイ、そしてマダムの雰囲気にさえも。

たくさんの人がこの店で珈琲を飲むようになればいい、と思う。
一過的なものではなく、ひっそりとそれぞれのお気に入りの店として。

帰り道には、スカイツリーが見えた。日に日に大きくなるそれが
完成する頃、この街の景色はどう変わるのだろう。

変わらずに、珊瑚のソファにうずもれて琥珀色の時間が過ごせると良い。

★住所:東京都墨田区墨田1-9-10
★TEL:03-3610-3678

東向島・珊瑚1

東向島・珊瑚2

東向島・珊瑚3

東向島・珊瑚4

東向島・珊瑚5

東向島・珊瑚6

東向島・珊瑚7

東向島・珊瑚8

東向島・珊瑚9

東向島・珊瑚10

東向島・珊瑚11

東向島・珊瑚12

東向島・珊瑚13

東向島・珊瑚14

PageTop

東京・曳舟・喫茶 ペロケ

東向島にあるキラキラ橘商店街がとても好きだ。

活気のある店が、長く続いていて、美味しそうな惣菜や
コッペパン、野菜に魚と次々と目を奪われる。

その中に並ぶ「ペロケ」という店は、ケーキ屋であるが、
店内ではラーメンや甘味なども食べることが出来る。

ペロケ、という言葉はフランス語で「オウム」の意味らしいが、
小鳥のようにおしゃべりをする店、というイメージだろうか。

店内は、和の佇まいで入り口すぐ右には、座敷席もある。

ケーキセットを注文すると、イチゴのケーキが運ばれてきた。
季節によってきっと違うのだろう。何が出てくるかお任せなのも面白い。

隣の席では、定食を食べている婦人もいた。
喫茶店、というよりは街の大衆レストランのようでとても良い。

暮らしている人たちにとって、こういう店があるのはとても羨ましい。
近所にお気に入りの喫茶店を無くしてしまった私は、そんなことを考えた。

★住所:東京都墨田区京島3-22-9
★TEL:03-3619-8352

押上・ペロケ1

押上・ペロケ2

押上・ペロケ3

押上・ペロケ4

押上・ペロケ5

押上・ペロケ6

押上・ペロケ7

押上・ペロケ8

押上・ペロケ9

PageTop

東京・東向島・季節の生ジュース カド

喫茶店を好きな理由は、いくつもいくつもあるのだが、
それぞれの広さの空間の中に、店主のセンスがぎっしりと詰まっていて、
全てに個性があり、それを珈琲を飲みながら眺められるところにあるように思う。

東向島界隈は、何だか空気に艶のある街で、以前からとても好きだったが、
数年前にこの店を訪れてから、ますます気になる地域になった。

「季節の生ジュース くるみパン」と看板に大きく書いてある喫茶店、 
カドの店の中は、美しい花の絵や、花の形をしたガラスに彩られている。

マスターのセンスが散りばめられた空間のせいか、この土地の持つ艶めかしい
空気のせいか、ここでお茶をするのは妙にくすぐったいような気持ちになってしまう。

壁に貼られたメニューは豊富で、生ジュースは濃厚でどれも独特だ。
冬の寒い季節には、ホットオレンジジュースを飲んでいる人が多いように思う。

テレビから流れていたニュースに向かってマスターがつぶやく。別に私の返事を
待っているわけでもなく、ただ思ったことがこぼれたといった感じに。その気楽さがまた良い。

お土産には、ふかふかとしていてとても大きいくるみのパンを一つ買って帰った。
手渡されたビニール袋は、ずっしりと重たい。こうして、喫茶店から次の日につながる
お土産を連れて帰るのは、また幸せなことである。

★住所:東京都墨田区向島2-9-9
★TEL:03-3622-8247

向島・カド1

向島・カド2

向島・カド3

向島・カド4

向島・カド5

向島・カド6

向島・カド7

向島・カド8

向島・カド9

向島・カド10

向島・カド11

向島・カド12

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。