純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ

神奈川方面は、行ってみたいところは多々あれど、まだまだ
足を伸ばせていないのが現状である。

関内駅から少し歩いたところにある純喫茶 アミーコのことを知ったのは、
いつも純喫茶イベントに参加して下さる方が、何かの折にこちらのマッチ箱を
プレゼントして下さってからであった。

紺色の背景に赤と白の文字。とても素敵なデザインのマッチ箱だ。

それから数年後、業務でこの界隈を訪れる機会があり、
その時に偶然前を通りかかり、店の場所を知った。

しかし、その日は夜遅く、雨も降っていたので外観だけ眺めるだけに留まり、
入店は叶わなかった。そのことを少し悔やみ、近いうちに必ずと願っていた。

それから更に少しの時間が過ぎた先日、ようやく訪れることが出来た。

きっかけは近くにある純喫茶 WIENの閉店の情報を頂き、せめて最後に、
と出掛けたことだった。WIENについてもまだ綴っていない。こちらも後日に。

さて、念願叶ってアミーコの扉を開ける。
天井は紺色、椅子やテーブルは白色で統一されていて美しい。

カウンター席の近くのテーブル席に腰を下ろした。
頭上には、目玉を思わせるモチーフが飾られている。
テーブル毎にはトランプを模した絵柄の違う灰皿も。

こちらで注文するものは既に決めていた。太麺を使用したナポリタンだ。
WIENでサンドイッチを頂いたばかりだったので、空腹とは言い難い状態だったが、
純喫茶に来た以上、名物を食べずして店を出るわけにはいかない。

きびきびした女性二人で営まれているこちらの店は、どこかあたたかい。
ナポリタンを運んできて下さった女性は、終始淡々とした感じではあったが、
一口食べたナポリタンの感想を伝えると、ふんわりとほほ笑んだ。

純喫茶でナポリタンを頂くと、その店毎の個性があり、どちらも美味しい。
麺の太さも、ケチャップの量も、入っている具もそれぞれ違う。

アミーコのナポリタンは、正統派の太麺でケチャップの味がしっかりしていて、
具は玉ねぎにピーマン、ハムとなっていた。想像を超える美味しさにすぐ完食。

珈琲も一杯ずつ丁寧に淹れてくれ、とても美味しかった。

いつも思うことなのだが、こういう純喫茶が自分の暮らす地域にあったなら
どんなに良いだろう。それだけで少し沈んだ日も穏やかな気持ちになるのではないか。

帰り際にママと少し話す。こちらに長い間来たかったことを伝えると、
花のように笑い、貴重なマッチ箱を取り出し、一つ土産として下さった。

手のひらの中で大切に握ったその日のやさしい思い出を誰かに伝えるために、
こうしてせっせとブログにて記録しているのだと改めて思った。

★住所:神奈川県横浜市中区弁天通3-45
★TEL:045-201-8380

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ1

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ2

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ3

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ4

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ5

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ6

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ7

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ8

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ9

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ10

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ11

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ12

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ13

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ14

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ15

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ16

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ17

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ18

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ19

スポンサーサイト

PageTop

神奈川・武蔵小杉・Monica(モニカ)

11月は、有難いことに純喫茶関連の様々なお誘いを頂き、
自分なりに一生懸命こなしているうちに終わりを迎えようとしている。

そんな慌しい日々でも、毎日どこかで珈琲は飲んでいて、やはり純喫茶で
過ごす時間は何よりもほっとするものだとしみじみ感じる。

10月末に惜しまれながらも閉店してしまった保土ヶ谷のトロンボへ出掛けた
帰りに、用事のあった沿線に見つけた喫茶店、モニカのことを綴りたい。

閉店間近のトロンボで時間の許す限り過ごし、また素晴らしい純喫茶の歴史が
幕を閉じることを、勝手ながら寂しく思いながら電車に揺られた。

用事の前にもう一杯どこかで珈琲を、と駅周辺を散策していた際にこちらを見つけた。

大きな通り沿いにあって、桃色のひさしの奥に見える琥珀色の空間が良い感じだ。

中へ入ると、カウンター席で常連らしき男性とママが談笑していた。

喫茶店で良く見掛けるこの光景が、私は好きだ。

チーズケーキと珈琲のセットをお願いし、邪魔をしないように
遠くの席でそれを眺めながら、会話をBGMに珈琲を頂く。

チーズケーキは近くのケーキ屋から毎朝仕入れているものらしい。
サイフォンで丁寧に淹れられた珈琲は、少し苦くてとても好みの味だった。

しばらくすると男性は店を出て行き、片付けの終わったママは入り口付近を
掃除し始め、店内には私一人になった。この放っておいてくれる安心感も嬉しい。

まだまだ長居したい気持ちをぐっと抑え、次の用事の時間を確認する為、時計を見る。

窓の外の大通りには、ひっきりなしに車が流れていく。
二度と会わないであろう人たちも。

店内に漂う珈琲の良い香りをもう一度吸い込んでから、会計をして店を出た。

10月の終わりだったが、風は冷たくてこれから冬が来ることを実感する。

★住所:神奈川県川崎市中原区新丸子東2-907
★TEL:044-433-1090

神奈川・武蔵小杉・モニカ1

神奈川・武蔵小杉・モニカ2

神奈川・武蔵小杉・モニカ3

神奈川・武蔵小杉・モニカ4

神奈川・武蔵小杉・モニカ5

神奈川・武蔵小杉・モニカ6

神奈川・武蔵小杉・モニカ7

神奈川・武蔵小杉・モニカ8

PageTop

神奈川・箱根湯本・純喫茶 BELL(ベル)

箱根へ出掛けるのに、ロマンスカーに乗ったのは初めてのことだった。

もしかしたら幼い頃に連れられて乗ったことはあるのかもしれない。
しかし、大人になって自分の意思では初めてのことだった。

旅先へ向かう電車というのは各駅停車でも特急列車でも新幹線でも良いものだ。
まして、夏の景色を窓の外に滑らせながら走るロマンスカーは、本当に素敵だった。

訪れたのはお盆時期だったこともあり、到着した箱根湯本駅は人で賑わい、
熱気が凄く、あまりの暑さに少しくらくらした。改札へ向かう途中「cafe」と
いう文字が見え、もう場所は選ばずとも冷たい珈琲を飲みたい気持ちになったが、
この日の最初は、ひと休みする純喫茶を既に決めていたのでそこを目指す。

店の名前は「BELL」。土産屋に併設されているとても観光地らしい喫茶店だ。

以前から気になっていながらも駅に近すぎて、これから始まる旅に浮き足立つ心は
いつも先へと急いでしまい、なかなかこちらに入る事が出来なかった。

今回は迷う事なく、こちらの扉を開ける。

「いらっしゃい」とても元気の良い店員の女性が迎えてくれる。
窓際の席は程好く先客があり、入り口に割りと近い席に腰を下ろした。

メニューを眺め、かき氷を注文した。一番好きな味であるミルク味があったからだ。

運ばれてきた氷は期待通りで嬉しくなり、幸せな気持ちで少しずつ掬って口に運ぶ。

眩しすぎる窓の外は、ひっきりなしに人が通り、皆これから始まる旅のおかげか
揃ってにこやかに見えた。観光地独特の表情だ、と勝手に思う。

氷がすっかり無くなり、暑さもひいた頃、さて次はどこへ行こうかと考える。

きっと今回も幾つかの純喫茶を巡り、緑の綺麗な道の日陰を歩き、何でもない景色を
写真に撮っては今回の旅も素晴らしかった、そんなことを帰りの電車で思い出すのだろう。

純喫茶ベルでの穏やかなひと時が当たり前のようにそう思わせてくれたのだった。

★住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本706
★TEL:0460-85-5351

神奈川・箱根・純喫茶ベル1

神奈川・箱根・純喫茶ベル2

神奈川・箱根・純喫茶ベル3

神奈川・箱根・純喫茶ベル4

神奈川・箱根・純喫茶ベル5

神奈川・箱根・純喫茶ベル6

神奈川・箱根・純喫茶ベル7

神奈川・箱根・純喫茶ベル8

神奈川・箱根・純喫茶ベル9

神奈川・箱根・純喫茶ベル10

神奈川・箱根・純喫茶ベル11

神奈川・箱根・純喫茶ベル12

神奈川・箱根・純喫茶ベル13

神奈川・箱根・純喫茶ベル14

PageTop

神奈川・三崎口・ジュ ルビアン

夏の海、といったら多くの人が砂浜を想像するのだろうか。

私はといえば、昔から砂浜が広がる海よりも船が停泊しているような
港が好きで、汽笛の音やテトラポットに胸を高鳴らせてしまう。

先日訪れた三崎港はまさにそんな感じで、ぐるりと一周するのに
丁度良い広さであったし、どこへ歩いても港が近くて心地良い街だった。

喫茶店も思ったより多くの数があり、訪れた中の一つの店のこと。

途中立ち寄った古道具屋の店主から、三崎の街について幾つか話を聞いた。
そこで耳にしたのが「ジュ・ルビアン」という喫茶店で、地図の上でその文字は
確認して気になっていたのだ。「昔からある古い店です」という言葉に惹かれた。

暑い日で歩いているだけで汗が噴出してくる。少し早い夏を感じながらも
晴れた日中の散歩もたまには良い、と思っていた。

一度道を間違えてしまったが、目指していた喫茶店の看板が見えてきた。
やはり海の目の前にあって、窓から見える景色はとても気持ち良さそうだ。

店主であるママが店の外に出ていたので、入っても良いかを尋ね、中へ足を踏み入れた。
どうやら窓際の席は、ドラマで使用されたらしく、「そちらへどうぞ。写真を撮ってあげる」
と言われたのだが、何となく気恥ずかしくなって断ってしまった。

クリームソーダを注文し、天井で廻る扇風機を眺める。ときおり、開け放たれた扉から
海を渡る風が入ってきてひんやりと涼しいが、海は眩しくずっときらきらとしていた。

城ヶ島へ行こう、この日は何となく決めていたのにどうも喫茶店に一度入ると
色々な予定がどうでも良くなってしまうのは純喫茶好きの習慣であるのだろうか。

この日も重たい腰を上げ、いつまでも眺めていたい窓の外の光景を名残惜しく思いながら
船に乗るため、港へ戻った。誰か著名な方が描かれた、という看板の文字を振り返りながら。

★住所:神奈川県三浦市三崎1-8-16
★TEL:046-881-3059

神奈川・三崎・ジュ・ルビアン1

神奈川・三崎・ジュ・ルビアン2

神奈川・三崎・ジュ・ルビアン3

神奈川・三崎・ジュ・ルビアン4

神奈川・三崎・ジュ・ルビアン5

神奈川・三崎・ジュ・ルビアン6

神奈川・三崎・ジュ・ルビアン7

神奈川・三崎・ジュ・ルビアン8

神奈川・三崎・ジュ・ルビアン9

神奈川・三崎・ジュ・ルビアン10

神奈川・三崎・ジュ・ルビアン11

神奈川・三崎・ジュ・ルビアン12

PageTop

神奈川・城ヶ島・cafe SEA SIDE HOUSE

暑い季節に外出するのは苦手だったはずなのだが、先日訪れた三崎を
とても好きになってしまい、また夏のうちに出掛けられたら、と思っている。

二日間、三崎港の街をふらふらと歩いているだけで楽しい気分になったのだが、
そこから出ている船に乗ってほんの数分程で到着する城ヶ島も素敵な所だった。

船を下りてすぐに、良い感じの土産屋が軒を連ねる。まぐろやしらすを食べられる
食堂も沢山あり、ついつい色々と覗き込んでしまう。

良い匂いに誘惑されながらもとりあえず海を眺められる所まで歩いてみた。

少しの坂道を上がると、遠くまで見渡せる景色の良い場所へ出た。

まだ6月だったが、暑い日だったせいか、もう泳いでいる人たちもいた。
他には釣りを楽しんだり、波を眺めている人たちの姿も。

そんな風にまるで夏休みのような光景をひとしきり眺めてから元の道を戻る。

途中、気になっていた食堂にて威勢の良い店の方に呼び込まれ、せっかくなので
生しらす丼を遅い昼食として食べた。洒落た店も嫌いではないが、このような店は落ち着く。

この時まで、すっかり喫茶店のことは忘れていた。というよりは、無いものと思っていた。

三崎港へ帰ろうと思った時には既に船の時間は終わっていたので、ガラスの中に
入った船の置物を買った土産屋でバスの時刻表を見て、とりあえず船乗り場まで戻った。

すると、どこかで見た外観と「cafe」という文字が視界に入る。

そういえば、鎌倉の「books moblo」の店主が三崎を薦めて下さった時に
「少し変わった喫茶店があるようだ」とPCにて見せて下さったのがここの喫茶店だった。

映画好きのマスターが営まれている店のようで、店の外に貼られたメニューを表す
ポスターには何故か様々な外国のスターが描かれている。

きちんと確認はしなかったが、こちらもマスターによるものなのだろうか。

入り口の前では猫が夕食をとっていた。それをよけながら扉を開ける。
営業しているかを確認すると、まだ大丈夫とのことだったので、ほっとして中へ入った。

気球の形をした灯りが海の近くの喫茶店に良く似合う、というのが第一印象であった。
他には、想像以上に飾られている映画のポスターや置かれている雑誌を眺めた。

冷たい珈琲に生クリームがのったものを注文し、歩き回って少し疲れた体を休める。
バスの時刻まであとどのくらいだろう、気にしつつもまだ帰りたくなかった。

あまりにも静かな店内で暑い海の余韻を感じながら、そんなことを考えていた。

★住所:神奈川県三浦市三崎町城ケ島671
★TEL:0468-82-3418

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE1

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE2

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE3

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE4

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE5

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE6

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE7

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE8

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE9

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE10

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE11

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE12

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE13

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE14

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE15

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。