純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・梅ヶ丘・coffee 車

豪徳寺に用事があり出掛けた際に、帰りは梅ヶ丘まで散策した。

途中、ホットケーキで有名な「リトルツリー」を見掛けたり、
真ん中をハート型にくり抜いた素敵なホットケーキを出す珈琲店に寄ったりした。

梅ヶ丘駅周辺を歩くのは恐らく初めてのことだった。
有名な寿司屋の位置を確認した後、幾つかの珈琲屋を探して歩く。

その中の一つが、「車」という少し変わった店名の純喫茶だった。

こちらの看板を見た時、真っ先に思い浮かべたのは、初台駅近くにある
同名の純喫茶「車」で、珈琲を出す店なのに何故に「車」、それも二軒、と
マスターの店名に対する思い入れの共通点を聞いてみたいなどと考えていた。

ふらりと入ろうと思ったのだが、扉には「すぐ戻ります」と書かれたメモが貼られ、
あいにくマスターはどちらかに外出しているようだった。

せっかくなので近くを散策し、少しの時間を置いてからまた足を運ぶ。

戻ると入口のメモは消え、付近のテーブルで新聞を読む人の姿があった。
扉を開けて入っても良いかを尋ねる。にこやかなマスターが笑顔で振り向いた。

一番奥の緑色のソファに腰を下ろし、置いてあったメニューを眺める。
この日は既に何杯もの珈琲を飲んだ後だったので、レモンスカッシュをお願いした。

店内には何故かバイクが一台。マスターは乗り物が好きな方なのかもしれない。

運ばれてきたレモンスカッシュは、甘くなく一気に飲み干せる美味しさだった。

まるい檸檬の輪切りというのは、どうしてこうも美しいのだろう。
珈琲の琥珀色も良いが、檸檬にソーダの組み合わせもとても好んでいる。

それからしばらくして団体客が入ってきて、店は賑やかになった。
食事を注文した方のテーブルをちらりと眺めたが、それも美味しそうだった。

思う存分空間を味わった後、いつものようにマッチ箱を頂けないかとお願いする。
すると、レジの下から出てきたそのマッチ箱は、初台の「車」と同じデザインだった。

思わず、初台の喫茶店と同じデザインだが、何か繋がりがあるのかと確認する。
すると、にっこり笑ったマスターが「弟なんです、私が。あちらが兄の店。」と言った。

1時間ほど前に気になっていたことがこんなにも明瞭な形ですっきりした。
兄弟で同じ店名をつけ、違う場所で純喫茶を営んでいる、というのは素敵だ。

頂いたマッチ箱(初台で頂いた時からデザインが本当に気に入っている)を
大切に鞄にしまい、また今度寿司を食べた後に必ず寄ろう、と思った。

★住所:東京都世田谷区梅ヶ丘1-24-4
★TEL:03-3426-1735

東京・梅ヶ丘・車1

東京・梅ヶ丘・車2

東京・梅ヶ丘・車3

東京・梅ヶ丘・車4

東京・梅ヶ丘・車5

東京・梅ヶ丘・車6

東京・梅ヶ丘・車7

東京・梅ヶ丘・車8

東京・梅ヶ丘・車9

東京・梅ヶ丘・車10

東京・梅ヶ丘・車11

東京・梅ヶ丘・車12

スポンサーサイト

PageTop

東京・笹塚・南蛮茶館

こちらのナポリタンが何とも絶妙だった、と教えてくれたのは、
自身も素晴らしいビストロ料理を作ることの出来る知人だった。

何としてでも近々再訪したい、と思いながら今この記事を綴っている。

笹塚に下車する時、何の用事があったのかいつも明確に思い出せない。
例えば、随分前の記憶であれば、この駅の近くにある台湾物産館のようなところで
沢山のマンゴーが飾り付けられたかき氷を食べる為だったことを思い出したのだが。

南蛮茶館、は以前笹塚駅の目の前にあった。

何度か目にして気になっていたのにも関わらず、常に「思い出せない」用事に
急いでおり、一度も入ることのないままいつの間にかなくなってしまった。

・・・と思っていたところ、後程近くに移転されたと知る。

それを聞いてからも随分時間が経ってしまったが、この度ようやく訪問してきた。

確か雨の降る日で、やはりこの日笹塚へ寄った用事は思い出す事が出来ないのだが。

大きく店名が表示された階段を上がり、扉を開ける。
移転したというのは物凄く昔のことだったか、と思う程
その空間に違和感はなく、当たり前のようにそこに存在していた。

いらっしゃい、とても感じの良いマスターがカウンターから顔を覗かせ、
にこやかに迎えてくれた。その様子にとても安堵し、良い喫茶店だと実感する。

傘を畳み、数名の先客と丁度良い距離を保つ席に腰を下ろした。
街の音が微かに聞こえそうな窓側の席を、いつものように選んでしまう。

メニューに並んだサンドイッチはどれも美味しそうだったが、あいにくこの時は
空腹ではなく、それでも諦めきれずチーズケーキと珈琲を頼んだように思う。

雑誌に掲載されたこちらのサンドイッチの写真に気を取られているうちに
珈琲が運ばれてきた。とても良い香りがして、雨の匂いと混ざるのが心地良い。

味も勿論素晴らしく、次回は是非サンドイッチと共に味わおう、そんなことを思いながら
しばらくの滞在の後、店を後にしたのだが、ナポリタンという目的も出来てしまった。

帰り際、何故か笹塚が気になっていたのはこの店のことが頭にあったからだと考える。
これからは明確な理由の一つとして、「南蛮茶館」を目指すのだろう。

★住所:東京都渋谷区笹塚1-22-7
★TEL:03-5454-5503

東京・笹塚・南蛮茶館1

東京・笹塚・南蛮茶館2

東京・笹塚・南蛮茶館3

東京・笹塚・南蛮茶館4

東京・笹塚・南蛮茶館5

東京・笹塚・南蛮茶館6

東京・笹塚・南蛮茶館7

東京・笹塚・南蛮茶館8

東京・笹塚・南蛮茶館9

東京・笹塚・南蛮茶館10

東京・笹塚・南蛮茶館11

東京・笹塚・南蛮茶館12

東京・笹塚・南蛮茶館13

東京・笹塚・南蛮茶館14

東京・笹塚・南蛮茶館15

東京・笹塚・南蛮茶館16

東京・笹塚・南蛮茶館17

東京・笹塚・南蛮茶館18

東京・笹塚・南蛮茶館19

東京・笹塚・南蛮茶館20

PageTop

東京・八幡山・喫茶 ルポーゼ すぎ

「美味しいホットケーキの食べられる店は?」と尋ねられたなら、真っ先に浮かぶのが
青山一丁目の「香咲」か、平井の「ワンモア」か、八幡山の「ルポーゼ すぎ」である。

日常の中で一番頻繁に訪れる喫茶店、神田の「エース」のマスターに、
「とっても分厚くてね、美味しいところがあるの」と言われ、一年ほど前に訪れたのが
ルポーゼ すぎで、その言葉通りのホットケーキが出てきて嬉しくなったものだった。

(神田 エースといえば、前回訪れたときに、ちょうどテレビの撮影が来ていたようで、
その放映日が10月2日の夕方だったようだ。テレビのない生活をしているのですっかり見るのを
忘れてしまった。どなたかご覧になった方はいらっしゃるだろうか?)

さて、ここのホットケーキだが、分厚いのに中はきちんとしっとりしている。
生クリームも添えられて出てくるが、バターの味だけでも充分に美味しい。

しかも、毎月5日、15日、25日は飲み物を注文するとホットケーキが150円という安さである。

「一杯の水にも真心こめる店」注文表の後ろにはそう書かれてあった。

今は、駅の改札を出てすぐ目の前にあるが、以前はもっと純喫茶然とした店だったという。

なかなか訪れない沿線ではあるが、涼しく良い季節になったことだし、
散歩を兼ねてまたふらりと。

★住所:東京都杉並区上高井戸1-1-11 京王リトナード八幡山1F
★TEL:03-3306-3288

ルポーゼ すぎ1

ルポーゼ すぎ2

ルポーゼ すぎ3

ルポーゼ すぎ4

ルポーゼ すぎ5

ルポーゼ すぎ6

ルポーゼ すぎ7

PageTop

東京・三軒茶屋・喫茶 セブン

ここをご覧頂いている方からの報せにより、緑に覆われた隠れ家のような喫茶店の
閉店を知っていくつかのことを考えたり、石ばしのふんわりとしたかき氷の冷たさを
思い出したりしていたら、あっという間に時が過ぎていた。

三軒茶屋は以前から良く訪れる場所だが、何となく勝手に
「もう古い喫茶店は存在しないもの」と思い込んでいたようで、
新鮮な目でキョロキョロと散策をしてみたら、まだまだ素敵な出会いがあった。

今回は、「セブン」という喫茶店の話。

駅からとても近い商店街の入り口に存在していて、この道は何度も何度も
通り過ぎてきたはずなのに、この日まで全く目に入っていなかったのだから
何とも不思議な気持ちになる。

扉の向こう側にはどんな空間が広がっているのだろう、といつものように
少し緊張して中へ入る。思ったよりもずっと広い店内が期待を裏切らない。

席は、どちらも小さな個室のようになっていて、
ゆっくり過ごすための喫茶店としては申し分無かった。

私が訪れた時間帯は、誰かと会話する人はいなく、皆それぞれの時間に
没頭しているように見えた。それを邪魔することのないよう私も端の席に腰を下ろす。

入り口のガラスケースに並べられた宙に浮くフォークの刺さったミートソースにもひかれたが、
この日は珈琲だけ飲むことにした。

一度で全ての楽しみを済ませてしまうのではなく、
また次に来るための楽しみを取っておこうと思ったのだ。

ふと伝票の後ろを見ると、「45周年」と書いてあった。
そんなにも前からここで営業していたということにまたしても驚かされた。

毎日のように通っている世界にもこんな風に、まだ見えていない景色があるのかもしれない。
この日は、そんなことばかりを考えていた。

★住所:東京都世田谷区三軒茶屋1-32-13
★TEL:03-3410-6565

三軒茶屋・セブン1

三軒茶屋・セブン2

三軒茶屋・セブン3

三軒茶屋・セブン4

三軒茶屋・セブン5

三軒茶屋・セブン6

三軒茶屋・セブン7

三軒茶屋・セブン8

三軒茶屋・セブン9

三軒茶屋・セブン10

三軒茶屋・セブン11

三軒茶屋・セブン12

三軒茶屋・セブン13

三軒茶屋・セブン14

PageTop

東京・成城学園前・COFFEE シュベール

駅ビルから、何気なく外を見ていたら、喫茶店らしき
看板が目に入ったので、そちらの方向へ歩いてみる。

建物自体もだいぶ古い、「成城フルール 味の街」という
名店街の中に、その喫茶店はあるようだった。

階段を上がる。途中の電飾のキラキラとした看板が気にかかる。

メニューの多さや、照明の強さからして、喫茶店というよりは
ファミリーレストランのようだったが、椅子の背もたれにかけられた
白い布が、名曲喫茶を思わせるのが良かった。

レジから一番近い席に腰を下ろす。隣の席とは、衝立のようなもので
仕切られているので、周りの様子を気にすることなく、のんびりと出来る。

運ばれてきたアイスコーヒーの下に敷かれていたコースターの絵柄は、
看板と同じく、帽子をかぶった女性の横顔で、薄い水色と赤の色合いが綺麗。

汚れないうちに、と大切に紙に挟んで持って帰ることにした。

駅から近いことと、店内が広く、食事メニューが豊富なためか、
お客さんは途切れることなく、常に8割以上の席が埋まっていた。

入り口付近には、新聞や雑誌なども取り揃えてあって、電車や誰かを
待つ間の、ちょっとした時間を過ごすのに、とても良い店であった。

後に、調べてみると、ちょっとしたチェーン店のようで、
成城店を含む6店舗が存在するようだ。残りの店にも、いつか行ってみたい。

★住所:東京都世田谷区成城6-4-13 成城フルールビル2F
★TEL:03-3483-5473

シュベール1

シュベール2

シュベール3

シュベール4

シュベール5

シュベール6

シュベール7

シュベール8

シュベール9

シュベール10

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。